カテゴリ:ライヴ情報 Live schedule( 117 )
今後のライブ予定 1/22 & 4/7 NON BAND
年が明けて雪が溶ける頃にはNON BAND初アースダムのライブが決定しています。
こちらも強力な対バンで、まだ先ですがどきどきしています!(詳細後日)c0147522_17472722.jpg
c0147522_18551536.jpg
c0147522_18503686.jpg
c0147522_18502678.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------
と、その前に1/22下北沢THREEが急遽決定しました!
オーストラリアのSootというバンドの来日ツアーにお誘いいただいて、上京にリスクのある冬なのですが、楽しそうなお誘いなのでメンバー一同喜んで参加させてもらうことにしました。
平日ですが、よろしかったらぜひ!
願わくば大雪になりませんように,,,

詳細は出しだいあらためてお知らせします。



[PR]
by nonband | 2018-12-13 08:58 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
12/2はNON BAND!
急にやれる、やりたい、ということでいつもご協力いただく方にさらにご苦労をかけてしまいましたが、初めての場所とこれまためくるめく共演者でついに決定いたしました。
よき夜となりますように☆

http://www.byg.co.jp/
https://www.facebook.com/events/2197705807182157/

ご来場をお待ちしています!

追記:
B.Y.Gさんへのメール予約は以下の方法となります↓
どうぞよろしくお願いします。

メール予約: bygrock1969@yahoo.co.jp
件名に(チケット予約+公演日)を記入して下さい。
本文には氏名、電話番号、予約枚数を記入して下さい
(1通のメールでは2名様までの予約となります)
2人予約するなら2人とも名前電話番号を記入して下さい。
予約完了しましたら、詳細をメールで返信いたします
。メール送信の次の日までには返信いたします。


c0147522_21140185.jpg
c0147522_21140793.jpg


[PR]
by nonband | 2018-11-11 21:14 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
青森市でうたいます☆
こんばんはNONです。

さむっ

ひぃひぃ言ってたあの夏はまるで夢のよう。
みなさん、風邪をひかないようお気をつけて。
台風も心配ですね。

久しぶりに青森市でうたいます。
ムスキ、チバくん、ハセガワギターくん、いずれも共演したことがあり、それぞれのおもしろさもしかと覚えがあります。
よき夜になりますよう。私も楽しみです。
近隣の方はお気が向きましたらぜひおこしください。

開場18:30 開演19:00
会場 青森市サブライム https://www.facebook.com/aomorisublime/


c0147522_20044348.jpg

[PR]
by nonband | 2018-09-27 19:55 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
NON SOLO in&out
次回NON BANDライブは12月上旬を予定していますが、詳細しばしお待ちください。

まずは来月、10/28と10/30のNON SOLOのお知らせを。

10/28(日)午後3時頃~
恒例フジヤマ店頭投げ銭ライブ
「NONと梅干、フジヤマで」

http://fujiyama.press.ne.jp/nissi64.htm

年に一度はやろうよ!とそこはかとなく渡辺さんとお約束したんです。
そうなりゃできるかぎりやりますNON&渡辺、ジジとババになろうとも。ええ。
でもあんまり暑い夏と台風シーズンは避けましょう、ということで10月下旬。お天気にめぐまれますように。
投げ銭です。おいくらでも投げ銭くださった方にはミニ梅干しぐれ?をさしあげます。
今年漬けた梅干もいくらかお頒けできると思います。
地物をあくまで自然塩とカビ避けのほんのわずかな焼酎だけで漬けてます。
今年も地物の梅はけして豊作といえず、入手に苦労しました。土地のある方はぜひ、どうぞ、なんとしても食べられる実の成る木を、イチジクとかビワとかかんきつ類とかぶどうとか、、、梅にかぎらず植えて育てることをつよくお勧めします^^;

写真撮影:渡辺正(フジヤマ店主)
c0147522_19510435.jpg
c0147522_19511607.jpg


10/30(火)open18:00 start19:30
高円寺大陸バー彦六
NON SOLO
w/Fish Under The Ice

http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/

Live:NON (NON baNd) ゲスト佐々木絵実 (NON baNd/蛇腹姉妹/KION)
    Fish Under The Ice = Hackai (ex.有頂天)+ミヤザキナオコ

会場:大陸バー 彦六 東京都杉並区高円寺北2-22-11 2F

料金:¥2500 (オーダー別途)
御予約(20名様限定)&お問い合わせは彦六へ:
   メール hiko6@peach.ocn.ne.jp
   お電話 03-3336-5153
   (18:00~24:00/火曜定休)
  

彦六さんは初めてうかがいますが、肴が美味しく音楽が楽しい畳敷きのライヴ居酒屋だそうです。
わぁいいなぁ☆おいしいお酒や肴と私のうたがどんなブレンドされるやらちとハラハラですが、NON BANDメンバーの絵実さんが何曲かご一緒してくれます。よき夜になりますよう☆

c0147522_19282423.jpg
c0147522_20050199.jpg

[PR]
by nonband | 2018-09-12 19:44 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
9ヶ月ぶりのNON BANDです!
こんばんは☆
なんだかワオワオともう5月,,,
6/24東京ライブの詳細です。
c0147522_20442647.jpg

今回もとても楽しみな顔合わせ、原くんとは裏窓10周年以来、ホッピーさんとは高円寺20000v吉田達也企画以来、あれは何年だったんだろう??となかなか思い出せないくらいの2度め。(後記:調べたら1993年でした)(そして、原くん、とくん付けで書いちゃったけど、彼のギター弾き語りが大好きで、稲生座に一ファンとして聴きに行ったことがかつてあるのです☆)
NON BAND自体もそんなにしょっちゅうできないので、ぜひおこしください!

以下UFO Clubさんのサイトより転載します。
(喫煙に関しては階段のところに小さな喫煙所はあるとのこと。会場内は禁煙です。よろしくお願いします。)

--------------------------------------------------------------------

■2018年6月24日(日)
【テレグラフの現在 2018 〜トーキョーオーガニックサウンドの源流〜】


<NON BAND>

<原マスミ>

<ホッピー神山>

<Mark Sorvari(In Corridors)>

LIVE:
・NON BAND
・原マスミ
・ホッピー神山
・Mark Sorvari(In Corridors)

『テレグラフの現在 2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』

昨年の『テレグラフの現在 2017』に続き開催される『テレグラフの現在 ​​2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』は、'81年にテレグラフ・レコードより10インチ「NON ​​baNd'」('17年ドイツTALより12インチアナログ盤で再発)をリリースしたNON ​​BAND、'82年に『イマジネイション通信』(ユピテルレコード)でデビュー、カトラ・トゥラーナの2nd『Kimera』('86年)にボーカルでゲスト参加している原マスミ、80年代初頭にPinkを結成、『Pink』('86年)などメジャーでのリリースと並行してインディーズシーンとも積極的な交流を続けてきたホッピー神山というラインナップ。
そして、彼らとサウンド的に相似性をもつ若手として、アメリカミネアポリスからIn ​​​CorridorsのドラマーであるMark ​​​Sorvariを迎えて行われる。

トーキョーオーガニックサウンドの源流

本イベントは前回同様、テレグラフ・レコードのみならず、当時のシーンにおいてお互い縁の深かったミュージシャンたちの現在進行形の表現をギャザリングするものである。
ここで彼らが表現活動をスタートした'80年前後を振り返ると、海外においては'77年に起きたパンクの嵐が過ぎ去り、ニューウェイブでありながらも、よりオーガニックなサウンドを志向するスリッツ、リップ・リグ&パニック、レインコーツといったグループが、レゲエ、ワールドミュージックシーンを背景に現れた時代だった。
これらの海外の動きと同時代的な日本での動きとして、インディーズでノンバンド、メジャーでは原マスミ、Pinkなどがオーガニックで新しい音楽を80年代初頭に始めていた。そして、その自由な精神性と音楽スタイルは、90年代、00年代と時代を経た現在まで、さまざまに変化、継承を行いながらも脈々と続いているものである。

こうした“東京オーガニックサウンド”の源流である彼らの2018年現在の表現は、時間を経ていかに変化していったのだろうか? 『テレグラフの現在 ​​2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』は、各アーティストの現在進行形の姿をあますところなく開帳する特別な夜となるだろう。


テレグラフ・レコード

テレグラフ・レコードは、80年代初頭のインディーズ創生期、地引雄一により設立され、インディーズだけがもちえる先鋭的なスタンスに立った実験精神あふれるレーベルとして、NON ​​BAND、EP-4、カトラ・トゥラーナ、リザードなどの作品をリリースした。大きく価値観が変化する時代を背景に、メジャーレコード会社にはない強い磁力と魅力を放ったインディーズレーベルの始祖である。
(古川博一)


OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,000(D別) / 当日¥3,300(D別)

※本公演は会場内禁煙となります。予めご了承下さい。

【チケット予約】
各バンド or U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!


[PR]
by nonband | 2018-05-09 20:46 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
NON BANDの予定
久しぶりになってしまいましたが、次回は6/24を予定しています(東京です)。
詳細は後日あらためてお伝えします!

[PR]
by nonband | 2018-04-09 19:47 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
十和田でNON SOLO
お久しぶりです!

冬ごもりが一段落しました。(まだ何度か雪は降るかも)

5/26十和田市で初めて歌います。
NON SOLOとなにか即興でセッションできるかもしれません。

c0147522_19425434.jpg
c0147522_19380888.jpg

チラシでは音楽家と書かれて、音楽家ってなにかなぁと思わないではないですが、おもしろい組み合わせにお誘いいただいたこと、嬉しいです。
むかーしナナオサカキに弘前で詩の朗読をしてもらったことが、今になんとなくつながっているのかもしれません。

十和田市は子が小さかった頃、なにしろ自分が乗馬にあこがれていたので勇気と大枚ふりしぼって短期の乗馬スクールに一緒に行って以来です。もう乗り方はすっかり忘れたなぁ。

以下主催「大地の眼」さんのサイトより。

--------------------------------------------------------

BEAT & POETRY Vol.1

  

<詩の朗読と音楽>

  

2018年5月26日(土)

  

Open 18:30

Start 19:00

 

会場:Kudos-S(キュダス-エス)

【青森県十和田市東三番町1-35 産馬通り Tel:0176-58-6133】

 

料金:

前売2,500円

当日2,800円

(前売チケットは会場のKudos-Sでも扱っています)

 

 

出演:

佐々木英明(詩人・寺山修司記念館館長 from平内町)

ヤリタミサコ(詩人・ビート詩研究/女性学 from東京)

コスモス千葉(詩人・バンドコスモスVo. from青森市)

NON(音楽家・バンドNON BAND Vo&Ba. from弘前市)

& more...

 

主催・チケット予約・お問合せ:大地の眼

TEL: 090-4609-8397(アケヤマ)

E-MAIL: eartheye.info@gmail.com

Facebook http://www.facebook.com/earth9eye

Twitter http://twitter.com/earth9eye

 

 

=======================

 

◎出演者プロフィール

 

・佐々木英明

(詩人・寺山修司記念館館長 from平内町)

青森県平内町生まれ。青森高校在学中、詩人寺山修司を知る。卒業後、演劇実験室「天井桟敷」に参加。1971年、映画『書を捨てよ町へ出よう』の主人公役を演じ、同時代の観客に鮮烈な印象を残す。寺山没後、郷里平内に戻り、詩作を再開、朗読会にも度々出演する。詩集に『愛について』『心を閉ざす』『刈株集』がある。

 

・ヤリタミサコ

(詩人・ビート詩研究/女性学 from東京)

北海道岩見沢市朝日炭鉱の生まれ。アメリカ現代詩と女性学から正当に怒ることを学んだ。自分の中の野性が暴走することを楽しみながら、「ビート」や「フルクサス」について語り、カミングズやギンズバーグを訳し、各地でパフォーマンスを行なう。おもな著書・訳書に『ビートとアートとエトセトラ』、『詩を呼吸する』、『ギンズバーグが教えてくれたこと — 詩で政治を考える』、『そのままでいいよ。。ジャック・ケルアックと過ごした日々』、他にヨーコ・オノ作品の翻訳など。東京新宿にあるCafe★Lavanderiaの読書会では、ボブ・ディランら音楽家の詩も多くとりあげている。

 

・コスモス千葉

(詩人・バンドコスモスVo. from青森市)

青森市生まれ。十代のころよりギンズバークやケルアック「路上」などのビート文学に感銘を受け、詩作を続ける。一方で寺山修司からの影響もかいまみせる独自の屈折した心象風景を描き、21才のとき詩の朗読と音楽の混淆した地下実験バンド「コスモス」を結成。『1999』『ビグザム&バギー』『ラードクリエイションロードビート』『ポップコーンガンマン』など4枚のアルバムを発表。三上寛とふきたの「北枕ツアー」演出&出演等を経て、2016年、コスモス千葉名義で初の朗読詩アルバム『白鳥の海』を発表。近年は、寺山修司関連の演劇祭や市街劇への出演、ライブや朗読会など、県内外で精力的な活動を展開する。

 

・NON

(音楽家/NON BAND Vo&Ba. from弘前市)

80年代初頭のパンク・ニューウェーブ・シーンに躍り出た女性ロッカー達の、先頭に立って進んだ「NON BAND」そのオリジナリティと躍動感あふれるサウンドは、忘れられない印象をシーンに残した。その後ノンは故郷の弘前に住み、ベース弾き語りによるソロライブを続ける一方、オリジナルメンバーにアコーディオンを加えたNON BANDライブも東京では度々行い、現在進行系の豊かな音世界を伝えている。また灰野敬二ら稀有な音楽家との共演に加え、音楽以外でもビートニク詩人ナナオサカキや、作家/詩人の辺見庸の県内招聘にも関わってきた。

 

and more...

 


[PR]
by nonband | 2018-04-09 19:40 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
NON BAND です!が冬はNON SOLOを☆
みなさんこんばんは。
あれよと新しい年に突入しました。びっくりですね。
願わくば少しずつでもよい年に。生きやすい年に。

NON BANDは今年あらたな録音をしたいと目標をたてました。
私が北方在住の労働者のため、東京でライブのたびにしかスタジオ入りができませんでした。
それはそれで懸命なんだけど。
今月「ただの」スタジオ入りを敢行することにしました、みなすぐに集まれるのなら当たり前なんですけど!

その前後に冬のNON SOLO、ベース弾き語りをやらせてもらいます。裏窓さん、ひかりのうまさん、受けてくださりありがとうございます。
願わくば寒波や大雪で電車が遅れませんように。


"NON SOLO Night and Day,Tokyo"


①1/26(金)20:00~
新宿 裏窓
http://www.geocities.jp/uramado_record/

6年ぶりでしょうか。
大震災で2011年に予定していたライブをキャンセルせざるを得なくなり、翌年に歌わせてもらいました。
ちいさなお店です。すぐそばで歌います。
夜のNON SOLOです。

"NON SOLO at URAMADO"

出演
NON (from NON BAND,VOCAL&BASS)
料金 2000円(+ドリンク)
発売 前売り券は裏窓店頭で発売。前売り券の通販をご希望の方はメールにて、件名に「180126」とご記入のうえ、お名前、郵便番号、ご住所、メールアドレスを裏窓までお送り下さい。


②1/28(日)13:00~ (開場12:30)
新宿 ひかりのうま
http://hikarinouma.blogspot.jp/?m=1

ひかりのうまさんは何年か前に白石民夫ナイトでのセッション以来2度目の出演です。
居心地のよいソファーがあります。
夜にライブを見れない方も来られる昼、です☆
Comedyさんとは初共演ですが、2人クジラの杉林さんとUFO Clubでご一緒してます。時期は少しずれているのですが、テレグラフのご縁もあるのです。
Shigeさん(バナナリアンズとノンバンドは共演したことがありました!)やPOP鈴木さん(Synapse, Popland off gallery)ともお会いできること、とても楽しみです。


せっかくだからこの日は、なにかちょっと一緒にできたらいいなと思っています。

共演:COMEDY(杉林恭雄vo,g+Shige b,vo+POP鈴木ds)
\2500+drink
c0147522_19561029.png



[PR]
by nonband | 2018-01-07 21:09 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
9/9ライブの詳細です!
c0147522_09172073.jpg
c0147522_09054703.jpg
9/9は東高円寺UFO ClubでNON BANDやります。
5ヶ月ぶりです。
今年はもういちどあるかなないかな?というくらいライブの多くないバンドなので、ぜひおこしください☆

今回の共演者は、大阪テレグラフインベント以来のニウバイル、NON BANDにも参加してもらいプレーヤーとして先輩でもある(なんといってもボーイズボーイズは先駆者であり刺激を受けましたから!)クミちゃんのDick & Kummy、そしてDJとして私も大好きHIPHOPの高木完さんKan Takagiというめったにない組み合わせ。それぞれの現在形を体感してもらう絶好の機会と思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『テレグラフの現在 ​2017』

80年代初頭のインディーズ創生期、地引雄一により設立されたテレグラフ・レコードは、インディーズだけがもちえる先鋭的なスタンスに立った実験精神あふれるレーベルとしてNON ​BAND、EP-4、カトラ・トゥラーナ、リザードなどの作品をリリース。大きく価値観が変化する時代を背景に、メジャーレコード会社にはない強い磁力と魅力を放った。

今回の『テレグラフの現在 ​2017』は、テレグラフ・レコードより10インチ「NON ​baNd ​」('81、今年ドイツTALより12インチで再発)をリリースしたNON ​BAND、80年代にテレグラフ・レコード内のレーベル、ヴェクセルバルクからEP-4の佐藤薫プロデュースで作品をリリースしたニウバイル、PASSレコードからBoys ​Boysで7インチ「Monkey ​Monkey ​/ ​Control ​Tower」('80)をリリース、その後、一時的なNON ​BANDへの参加を経て、The ​Mutant ​Monster ​Beach ​Partyで活動してきたKummyのデュオDick ​and ​Kummyというラインナップ。
そして、DJにはFLESHのボーカリストとしてゴジラ・レコードから7インチ「おきまりの午後 / In The System」('79)をリリース、その後、東京ブラボー、タイニー・パンクスを経て、現在はソロやMAJOR FORCEで活動する高木完を迎える。

このように本イベントは、テレグラフ・レコードのみならず、当時のシーンにおいてお互い縁の深かったミュージシャンたちが現在の表現形態でギャザリングしたイベントである。

今回参加するバンド/アーティストは、(休止〜充電期間をはさむものもあるが)いずれも長きにわたりコンスタントな活動を続けてきている。そして、80年代後半に活動を休止したテレグラフ・レコードも地引の主宰するオルトカルチャーマガジン『Eater』と並行する形で、あふりらんぽのPIKAの『龍の棲家』('14)をはじめ、新作をふたたびリリースをはじめている。
『テレグラフの現在 ​2017』は、各アーティストが現在進行形としてのエッジーかつソリッドな存在感を魅せる特別な夜となるだろう。(古川博一)



[PR]
by nonband | 2017-07-30 09:17 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)
〈速報〉次回のNON BAND
9/9(日)東高円寺の UFO clubを予定しています。詳細後日。
「キューキューユーフォー」と覚えておいてくださいね!^^

[PR]
by nonband | 2017-07-10 21:08 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
はじめに Introduction
ライヴ情報 Live schedule
活動報告 Activity report
音源情報 Sound source
物販 Product sales
ライヴ映像・音声 Video&audio
レヴュー記事 Review
バンド経歴 Profile
インタビュー Interview
NON BAND Q&A
SONGS :Lyrics
English site
OLD PHOTOS
OTHERS :Essay etc.
リンク集 Link
管理人より From webmaster
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のトラックバック
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO'S RE..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧