人気ブログランキング |
カテゴリ:活動報告 Activity report( 105 )
東京ライヴの余韻
そろそろ平常心に戻りたい今日この頃。
しかし、さっそくこんなのを見ちゃうと嬉しいのです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

レヴュー記事を掲載させて頂きました、音楽ライター・内本順一様のブログ。
私も空に向かって歌うNONさんが好きだ。
NONさんからもらうものは「大」とか「広」とかそういう類いのパワーだと思うんだ。
http://ameblo.jp/junjunpa/entry-10065996223.html

----------------------------------------

灰野敬二さんのライヴ写真をたっぷりと掲載されている
『das Dokument ♪灰野敬二♪』です。
素晴らしい写真。空気が伝わる。ごぉーーーーと来る。灰野さんすごい・・・。
http://blog.so-net.ne.jp/dasDokument/2008-01-15

----------------------------------------

そしてライヴで共演した佐々木絵実さん(キキオン)のだんなさま・エディ様の日記。
「何がしかの志と魂を込めた創作は人の心を揺さぶる」
そうですね・・・。そうなんですよね。それなんですよね。
http://edashinblog.livedoor.biz/archives/50901597.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

同時にあの場にいて、思うことは「たくさん」で。
ワクワクと不思議と嬉しい繋がりがまた甦るという意味でも

ライヴって素晴らしいですね・・・

と、なる。

さて、この余韻にもひと段落つけて次へ向かおうと思います。さっそくですが諸事情により更新日が定められません。すみません。(勝手にNON日記は書くかもしれませんが)今しばらくお待ち下さいませ。更新できそうな日に突然なにかするかもしれません。突然踊り出すかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そうだ!そういえば先日掲載したNONさんの日記、
「夢もぐら」を高円寺ライヴで聴いた!

そっとしといてください
わたしのなかにせかいがあります
わたしをおこらせないでください
なみのさきっちょはびんかんです
ぬくぬくしてさびしいのか
さびしくてぬくぬくしたいのか
どちらにしてもわたしをゆさぶらないでください
いまはとうみんです
このままでもいいとおもっています
わたしのなかにほしもうみもあります
そんなきでいたいのです
そっとしといてください
ことばのことよくわからないのです
どのくらい
ときはわたしを
しっているの
いしきと
ちょっかんと
げんじつ
わたしは
くじらの
せに
のりたい

第2部で鈴を鳴らしながら歌いました。
歌い出した時「あー!あの詩だ!」と感激。
それから暫定朗報ではありますが、この日のライヴは映像も残っているそうなので
近い将来皆様もご覧になれる!?それもまた楽しみです。

それでは、次回更新までなんとか見守っていて下さいっ!!!
by nonband | 2008-01-28 23:19 | 活動報告 Activity report | Comments(1)
1月12日『円盤ジャンボリ−8「太鼓祭り・上」』の模様です。
この日は関東地方も冷えた日であったそうな。前日の「雪国から来た関東の温かさ」の有り難みがあまり感じられないほど寒かった。雨も降っていた。しかしそれほど冷えを感じなかったのは、気温なんてどうでもいいじゃないかという、あくまでも個人的にだが、天候などを許容する部類の話ではなかったのでもうどうでも良かった。この前書きもどうでもいい。

前日とは印象がまるで違う、渋谷に集まる人々が津軽の私には「ワールドワイド」であった。また別人のNONさんが見れるんだな・・・と、ワクワクは止まらなかった。お祭り開始の時間に間に合わず、2組目から会場に入る。まず感じたことは地元青森で感じることと一緒で、選ぶんだな、ということ。音楽を選ぶ。「メディアに露出するモノだけ」なはずがないのは音楽だけの話ではない。素晴らしい空間はどこにでもあるんだなと本当に思う。そして、この前書きもどうでもいい。

何組かを、ほぼ満腹で鑑賞したあと、NONさん登場。

おや?太マジックで紙に書かれたものを示している。用紙は数枚。
「昨日、高円寺で張り切り過ぎて声が出ません」
「本日は、変態ボイススペシャルバージョンでお届けします」

昨日のライヴと打ち上げにより、声が出ない(笑)

おおーーーーーい!

ひと笑い掴んだ(笑)

変態ボイスと言うだけあって、今までに聴いたことのない渋い声を聴くことができました。(ポジティブに生きて行こう)いや、ほんとにあれはあれで良かったんだと最終的に感動した。(ポジティブに生きて行こう)低音のNONさんもまた魅力的で、あの祭りの雰囲気には合っていたと思う。(ポジティ(略))
c0147522_2374451.jpg

c0147522_2382935.jpg

しかしながらライヴが始まるとやはり空気はピンと張るもので、本当に不思議である。 前日も共演した吉田達也さんと2人、また新たな空間を作り出している。すごいな、すごいな、と目が真ん丸になる。
c0147522_2394961.jpg

c0147522_23101937.jpg

NON BANDの曲、NONの曲、2人の音、そして吉田さんも歌う。これには鳥肌が立った。この2人の掛け合いには汗をかかずにいられない。ほかの出演バンドを無視してアンコールしたいほど感激した。(個人的には吉田コールを胸の中でしていました。NONさんすみません。)変態最高ーーーーーーー!と、また異世界へ旅立ってしまいました。
c0147522_2311785.jpg

c0147522_23114892.jpg

c0147522_23121948.jpg

声が変態なまま続くかと思いきや、最後の曲では普通(この表現は不満ですがこう書くしかない)に歌っていた。声、出る。プロ、すごい。気迫、すごい。もはや小学校低学年のこの感情表現がきっと一番正しい。本人の理解しかねる層での出来事なんだろうか。表現者のミラクルは理解できないものがあって、そこに我々鑑賞側は感激したり涙を流したりするのだろうなと思えた。

いやぁおもしろかった・・・・・。

次のバンド『ホルモン鉄道』も最高であった。
あぁ、すごい。(大袈裟にすごいと言いたくなる津軽女です。)

あ、足元は愛用の長靴です。
c0147522_23132256.jpg

この2日間、同じ人間のする様々な顔を見て、大満足でした。

続けること。

それはなにもかもを超えて強い。

生きていることが一番だ、と感じました。
c0147522_23134988.jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

管理人としてひとこと。
ブログを介してお知り合いになれた方々には挨拶もできず(フジヤマの渡辺さんとはこんにちはしましたが。そして娘かと思われましたが。違います。)、大変後悔しています。記事を掲載させて頂いた方々にも一言もなく、失礼極まりなし。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

が、ありがとうございました!を先に。何より先に感謝。
感謝です。NONさんに、そして皆様に、ありがとうございました!

(次回更新予定日 1/21)
by nonband | 2008-01-18 23:20 | 活動報告 Activity report | Comments(0)
1月11日「NONがきた:バラードから爆音まで」の模様です。
上京ライヴ、前々日辺りから青森では一気に雪が降り積もり、私の住む地元ではマイナス11℃との予報。氷点下過ぎる。雪のない東京へ旅立てることへの嬉しさも加わって個人的には踊り出したい気分だった。その日の東京は温かかった。逸る心のせいでもあったのか。会場に入ってすぐ、確かに今日が「ライヴ」なんだ!と心が引き締まる空気を感じて緊張し始めてしまった。ビールも飲んでしまった。

いよいよ始まる。NONさんが出て来た。
c0147522_074340.jpg

今まで聴いたことがないような声を聴いた気がした。
(ハリキリ過ぎて少し大変なことになったという話は後日)
まずひとりで歌う。静かで激しいその声はやはり心に来る。始まったのだ。

山岸麒之介さん・玉垣ミツルさん(NON BAND)・佐々木絵実さん(キキオン) 登場。
c0147522_091748.jpg

NON BANDだ・・・。かなりの感激ぶりで見入ってしまった為、写真を撮るのを忘れてしまった。いや、正確には忘れてないが撮り損ねた。撮ってなんかいられるか!(すみません)NON BANDの曲を今聴けたこと、そして20年経って尚進化していること、『ie』収録の曲をバンド編成で聴けたこと、個人的にはアコーディオンの佐々木さんの音が聴けたこと(最高!)、胸いっぱいである。
c0147522_011342.jpg

どんどん加速して行くNONさんは、とてもとても「与える人」になっていた。
c0147522_095653.jpg

第1部からこのスピードで大丈夫なのか?何が大丈夫なのかって私が。初めて見るものに目を輝かせるという行為はいくつになっても幸せなものだ。出る言葉が「あぁ・・・」とか「ああ・・・」しかない。大袈裟なようでいて真実なのだった。
c0147522_0124911.jpg


※足元は愛用の長靴です。
c0147522_016293.jpg


第1部終了。

--------------------

第2部が始まった。あ!公約通り(?)上下ヤッケで登場のNONさん。
ハリキリ過ぎている為、ノートも逆さまである。
c0147522_0213044.jpg

灰野敬二さん・吉田達也さん登場。
c0147522_0221987.jpg

c0147522_0224976.jpg

なんだこの人達は。恐ろしい。1部とは全く違う空間にぽつーんと置かれてぽかーんとしてしまう。NONさんが必見と断言したお二人は、そのまま「必見」の存在であった。バンドというより3人それぞれが持つ、独特な音世界。孤立しているのに一緒に生きている不思議。マーブル模様が気持ち良い。NONさんもさっきとは別の人のように見えて更に更にどこかに行ってしまわれているような。変態最高だーーーー!(と、私もどこかに行ってしまった)
c0147522_0242886.jpg

休止などないこの世界の住人たちは最後まで恐ろしいパワーを保ち続けて、延々と音を出し続けるのであった・・・。なんだこの口調は。不自然じゃないか。でもいいんだ。この人たちもある意味不自然なのだから。なにがなんだかわからないが放出されるスゴイナニカを受け止めるのには相当な体力なり精神力なりが必要なのだ。むりーー。
c0147522_0234828.jpg

消化するには時間がかかるこのステージにも終わりは来るのが淋しいもので、結局、圧倒されたまま終わってしまったような気がする。時間を呪いたくなる。

※足元は愛用の長靴です。
c0147522_025719.jpg


最後は皆様登場でアンコール。

--------------------

こうして見ると、豪華だなぁ、ゴージャスだなぁ、とつくづく思う。
c0147522_0262860.jpg

c0147522_0265972.jpg

全員で演った「家」。


 もしも家が不思議の国ならば
 あなたも私も住めるね


 おぉ すわと柔らかな風が吹き
 今はいない あの人も
 いのちを届けにやってくる
 それは
 大きな家


c0147522_0272973.jpg

それは大きな家。不思議の国。
良かった。行って良かった。今、心からそう思った。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

16日に間に合いませんでした。

(次回更新予定日 1/18・ライヴ2日目の模様をお届けします。)
by nonband | 2008-01-17 00:32 | 活動報告 Activity report | Comments(3)
11月18日「反核ライヴ」の模様です。
c0147522_22115216.jpg


青森県庁の前にある青い森公園で行われた反核ライブ。
管理人は残念ながら行けませんでしたが、
その日は相当寒かったのです。





NON
「ときどき猛烈にふぶいて、その時期にしては驚くほど寒い日でした。当日は急遽決定飛び入りで参加したのですが、こんな寒いところで着ぶくれして歌うのは初めてだったので、それがとても楽しかったです。おいらせのラップグループNort Hempireは張り切って服を脱いでたみたいだー!元気だー。」

c0147522_2214693.jpg

c0147522_2215086.jpg

c0147522_22152613.jpg

c0147522_2215542.jpg

c0147522_22161652.jpg


楽しかった〜。県庁に向っての即興ラップとか、パワフルだったなあー。
ノンさんのライブがすんごく素敵で、あんなうた歌いになりたいなあって思いました。
(撮影・サワぽー)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こうした活動を目にするたびに、自分ができることはなんなのか考えさせられる。
どこででも歌っちゃう姿勢。
出演者の皆様、NONさん、寒い中お疲れさまでした!

本当に着ぶくれしてますね・・・。

(次回更新予定日 12/29 or 年が明けるかもしれません)
by nonband | 2007-12-25 22:44 | 活動報告 Activity report | Comments(0)
12月9日「ほのお祭り」の模様です。
お祭り当日。
快晴とまではいかないが、気持ちの良い冷たい風が吹く日曜日だった。祭りの前半は13時からで民謡・手踊り・津軽三味線それぞれの名人たちによる大きな暖かいホールでの催しだった。NONさんらによる「ほのお祭りMOON」は15時から18時まで、ということは祭り全体で見ると結構な長丁場だったのだ。最初から最後までいたお客様はいたのかしら?

「ほのお祭りMOON」は会場を移してスタートした。大きくはなく暖かくもない会場は結果的にどこか出演者たちにマッチしていた。そこが良かった。と思った。ステージの広さも、バックのねぶた絵も、窓から外が見えだんだん暗くなってゆく様がわかるのも、少し寒いのも、良かった。

c0147522_23245910.jpg


NONさんから始まった。まだ少し明るい外が見える。キャンドルが灯されてゆく。
『Quiet Song』が静かに響く。祭り第2部の始まりがこの曲。その場の空気と時間の流れがガラリと変わるのを感じた。空気と時間に色が付いてたらきっとおもしろいだろうなぁ。NONさんの放つ振動がそこいらを這って、そして人を浮かす。少し寒かった会場がキャンドルの「炎」と「NONの歌」でホカホカしてきた。

c0147522_23261191.jpg


c0147522_2325217.jpg


北国の冬は静かで、冬の山はもっと静か。
祭りが行われた「津軽伝承工芸館」という所はすぐ隣に山が見える、言わば奥地。はっきり言って移動が大変であるし、近所にコンビニなんてない。温泉はある。最高にいい所だ。そんな静かな場所で北国の人は、耳を澄ますのだ。耳を澄まして聴こえてくる音がNONさんの声ならばいいじゃないか。こんなベストマッチングなことはないと自然に思った。それだけ『Quiet Song』がハマっていたということだ。

娘さんが話す津軽弁を歌にしたものや、1人では初めて歌うという『善でも悪でもない精霊』や、『ひまわり』そして『家』。あ、『パンドラ』も歌った!(セットリスト未確認で書く私・・・)

地球と一緒に生きている感覚を強く認識させられる、少しだけ不自然でとても自然でもある時間の経過を味わった。よく考えると地球と共に生きているのは当然のことで、普段はあまり考えないだけだ。それを思い出させてくれて「(なにがなんだかわからないがとにかく)みんな一緒だ!」という感覚が甦る気がする。そう気付くことも気持ちが良い。大きいな。と、毎度のことながら思うのだ。

c0147522_23263860.jpg


ソロステージを見る機会が多い私は、是非ともバンドという形でもNONさんを見てみたい!と思った。
別の顔になるのかと思うとワクワクで仕方ない。

ステージ終了後、他の出演者たちがステージに立つ姿を見るNONさんは
とても楽しそうにビールを飲んでいた。

最終的に出演者もお客さんもみんな踊っていた。
北国の冬山に大きな焚き火、消えない炎を一緒に見た。
いい日だった。

c0147522_2327586.jpg


(次回更新予定日 12/15)
by nonband | 2007-12-11 23:53 | 活動報告 Activity report | Comments(3)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
はじめに Introduction
ライヴ情報 Live schedule
活動報告 Activity report
音源情報 Sound source
物販 Product sales
ライヴ映像・音声 Video&audio
レヴュー記事 Review
バンド経歴 Profile
インタビュー Interview
NON BAND Q&A
SONGS :Lyrics
English site
OLD PHOTOS
OTHERS :Essay etc.
リンク集 Link
管理人より From webmaster
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のトラックバック
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO'S RE..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧