人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ビマラ 2006/4/23
実家からジョムソンの裕福な家に洗濯女として出されたビマラは、あまり仕事が過酷なので逃げてきたのだという。
家にも帰りたくない、帰ってもいやな顔をされるという。口減らしであったのだろう。

ポーター兼ガイドの心やさしい青年インドラとジョムソンを出発してまもなくから、少し離れてずっとついてきた少女がビマラで、やがてインドラが地元の言葉で話しかけた。彼もほんの片言の英語しか話せないので私にはまったく事情がつかめなかったが、ともかくそれから一緒に歩くことになった。
乾季のカリ・ガンダギの流れに沿って、私の背中の小さな娘と合わせて4人、トゥクチェまでがその日の歩行予定。ネパール人2人の足の軽さたくましさは真似ようもなく、私はたびたび彼らを待たせた。私の歩調を考えてゆっくり歩いてくれていたのだけれど。

ビマラ 2006/4/23_c0147522_6132355.gif


その日その辺りを歩く観光客はほとんどおらず、静かな時間に水の流れと、ときおり私たちの話し声が響くばかりだった。
目を合わせると、ビマラは恥ずかしそうに微笑んだ。

ビマラ 2006/4/23_c0147522_6135013.gif


やがて着いたトゥクチェの宿で、英語を話せるそこの娘さんから、ビマラの事情を聞くことができた。
それが先に書いたようなことだ。
ビマラはしばらくその宿で働くことになった。彼女は13歳ということだった。

このようなことは、当時のネパールではさほどめずらしい話ではなかったのだろう。
おそらくインドラが宿の女性たちにビマラの状況を説明し、女性たちも彼女と話して、雇うことはすばやく決定された。
「奉公先の人が私をこき使うの。あんまりひどいので私は逃げてきた」
「じゃあトゥクチェまで行って、仕事をさがしてみるか」
----
「この子を働かせてやってくれないか」
「ちゃんとできるようなら雇ってもいいよ」
といったふうに。
ビマラはほんの小さな包みくらい持っていたか、記憶が定かではないが、ほとんど荷物らしい荷物はもっていなかった。
数日を共にしたインドラにしても、すべてはせいぜいポケットに入っているだけだった。

今もネパールに限らず、女性は酷使されるばかりの人生を送る国や地域は多いようで、自立を支援するプロジェクトもさまざまな地道な活動をしている。
そんな状況でも、多くの女たちはたくましく、少しの喜びを大きく笑って生きているようにも思える。

今頃ビマラは27歳くらいだろうか。
何人もの子持ちのおっかさんになって、つつましくても幸せに暮らしているだろうか。
ダンナと一攫千金をねらい、都会に出てぐわんばったりしている可能性もあるかな。
by nonband | 2010-02-03 06:14 | OTHERS :Essay etc. | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ニック・ドレイク 2006/3/5 PACIFIC OCEAN F... >>



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
はじめに Introduction
ライヴ情報 Live schedule
活動報告 Activity report
音源情報 Sound source
物販 Product sales
ライヴ映像・音声 Video&audio
レヴュー記事 Review
バンド経歴 Profile
インタビュー Interview
NON BAND Q&A
SONGS :Lyrics
English site
OLD PHOTOS
OTHERS :Essay etc.
リンク集 Link
管理人より From webmaster
以前の記事
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 05月
2021年 02月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 07月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のトラックバック
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO&#39;S RE..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧