人気ブログランキング |
Q&Aの続きです
・フリクションに加入して1度だけライブを行っています。
その時のパートは何でしたか?そのライブの手応えは?また、レックと最後に話したのはいつでしょう?

----たしかあの頃はフリクションのメンバーが流動的で、1度きりという感じで声をかけてくれたんだと思います。パートはたしかギターとキーボードでした。
フリクションは何がどうあろうとフリクション!ですから、同じステージ上にいれば私もその瞬間はフリクションというわけで、自分のバンドと違う姿勢や音響や震動を感じました。なんつうか格好よく男っぽいんですよね。私はそもそもコードとかほとんどわからないしそれをレックも知っていましたから、音の気配を流すという立ち位置だったと思います。レックと話す機会は、NON BANDを休止して阿佐ヶ谷を去ってからはほとんどなかったかな。

・フールズのメンバーと仲がよかったと思います。
彼らとの交流はNONさんにとってどういうものでしたか?

----なんか子ども同士みたいに楽しかった記憶があります。別に一緒に遊んだりはしてないんですが。夜に捨てられていたベッドを見つけ、マーチンに運ぶのを手伝ってもらったことがありましたっけ。よくわからないんだけど気が合ったっていうか。

・白石民夫さんとやっていた時期があります。
彼の音楽をどう思いますか?

----スメラミコトというバンド名?でエレクトリックをないまぜてやっていた彼のプレイがすごくかっこよくて、自分のギグにも出演してもらいました。ソロの音も好きです。ジャンルは違っても、ぐっとくる音ってあるんだと思います。いつか再会したいです。

・ソロアルバム「ie」の出来には満足していますか?

----もっとできたとは大いに思います。でもその時点では集中してベストを尽くせたと思います。ちょうど風邪引きでもあり、日程はタイトで録音に2日、ミックスと多少の音の追加に1日でした。もっとできると思いながら死んでいくのかもしれないけれど、後悔はないです(反省はあるけど栄養)。

・「ie」では声が酒焼け、ヤニまみれで歌唱にずいぶん影響してるように聴こえます。問題は感じませんでしたか?

----むっ。だからぁ、風邪引いてたんですってばぁ!酒焼けヤニまみれ完全否定説、苦笑。せんねん灸したり漢方の喉の薬を飲んだりしながら録音してたのですよ。あと、当時は主におとなしくソロで歌っていて、声の出し方が今と違いますね。それは自分ですごく感じます。

・NON BANDIN' LIVEでの仙台のライブを聴くとベーシストとして高みに
上り詰めていたことがわかります。ご自身の見解ではいかがですか?

----どうなんでしょうね。その頃はライブの回数が多かったから、手馴れたというかイケイケの感じで自分なりのおかずを入れていたかな。ピック使ってましたし。今はもうちょっと深いうなり・うねりが好きかも。て、あいかわらず思い通りには弾けませんが。

・NONさんの歌詞には性的な隠喩やシュールな表現がたくさん散りばめられて
います。自覚はありますか?

----計算や意図はできないですね。あ、でもVibration Army だけは明らかに絡めました。そういえば昔、Signal Zというミニコミ雑誌のインタビューでHomeという曲について似たようなことを訊かれて「犬が、、、犬がね、、、てビジョンというか、犬がいてそこ青くてね、、、」とかしか答えられませんでした。

・86年?にNONさんが作った等身大の人形「エレキノスケ」には
山岸さんの名前が付けられています。何故でしょう?

----単に「エレキ」と「キノスケ」を引っかけただけです。

・ニールヤングで特に好きなアルバムを1枚挙げてください。

----難しいです。。。。難しいです。。。。ジャームッシュの映画「イヤーオブザホース」だっけ?のライブ映像は大大好き。2007年に書いた文章がありました。長くなりますが、よかったら以下を読んでください。

★ニール・ヤング「ウィズ・クレイジーホース」
ニール・ヤングはかれこれ30年以上聴いているので、彼一人については書く気がおきない。
でも、彼のバンド「クレイジーホース」となると、なんとか書いてみたいなと思ってたんだ。
うまく書ける気はちっともしないけど。

クレイジーホースは、断じて彼のバックバンドではない。
クレイジーホースに、ニールがいる。

「まぼろしの魂ひっつかめ」

うまくいかない愛や、たびたびおとずれる苦難、思うようにはならない人生、お金や屋敷があってもそれで解決しない事柄が人間にはいっぱいあって、この解決しない人生をほとんどの人は生きているんだと思う。

なにかで「わかった」と思っても、わかったことでフィニッシュではない。
はてなく問題はたち起こる。
わかったらそのわかったはずのことを実地で試して、なんとかうまくいったりいかなかったりする。
そんなことはけっこう連綿と続く。

リフレッシュの機会は何度も必要だ。
歩みはなかなか視えるかたちにならない。
フラッシュバックのように、ばっと下がることもある。
遅々とした一歩一歩や這いあがりが続くが、いつも同じではない。

リ・フレッシュ。
何度も何度も生まれる、といってみてもいい。
こだわって傷つき、もうろうと迷う日々に、もういちど目を洗い、新しい水を飲む。

クレイジーホースのライブ映像を見ると、ドラムの高いブースの前で、ギター二人.ベース一人がよく丸く向かい合ってプレイする。
互いの音を感じあうかのようにして、波動を全員で生み出す。
ビデオでそれを見ると、まるで男の子たちが集まって、メンコかビー玉をやっているようでもある。

うまくいかないことだらけさ。
いろいろだよ。
なんで生きていくって?
この人生をうけおうんだ。
死ぬまで生きるんだ。
心臓が歌うんだ。
生きているって歌うんだ。
すると足が踏んばるんだ。
それでときどきとぶんだ。
重いからだが浮くんだ。
そしてまた地上に着くんだ。
かわりばんこにそうしてるってわけだ。
ちょっとずれて、ちょっといっしょになる。
いっしょになったときに思いきりそこにいてみる。
よくわからないが、そこにどつぼがあるんだ。
入るか入らないか。
入るぞとすいこまれるとき、そこにあるのはだれだかわからない俺だ。
あいつでもあり誰でもある俺だ。
そこにグルーヴてのが生まれるのさ。
死んだ奴にも届くだろうが、生み出すのは今生きている俺たちだ。
そして俺たちは、君でもある。
理屈じゃなくてそういえる。
この力は俺たちだけのものじゃない。
理屈じゃないんだ。
それだけのことなんだ。

人間はなぜ生きているの?という問いにおそらく正解はない。

問いを共有することを、言葉でなく音や姿として彼らはやっているのかな。

彼らの答えは、やっていることそのものなのだろう。

半ズボンの、はげの、クレイジーホースのニールよ、やせの初老のビリーとラルフよ、特級クラスの重量でデリケートな皮肉屋のフランクよ、まだ大音量は大丈夫か?
最近のライブを見ていないので、このごろ見た目どうなっているか、ふと気にかかる。

この頃は古い”ZUMA”を聞いています。

-----------------------------------------
今日はクレイジーホースで終わります。あと8問かな?
他にも質問ある方はお気軽にどうぞ。
お日さま出てきた、これから洗濯物干しまーす。
by nonband | 2010-01-24 10:03 | NON BAND Q&A | Comments(1)
Commented at 2010-01-26 16:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 質問いただきました ロフトの写真 >>



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
はじめに Introduction
ライヴ情報 Live schedule
活動報告 Activity report
音源情報 Sound source
物販 Product sales
ライヴ映像・音声 Video&audio
レヴュー記事 Review
バンド経歴 Profile
インタビュー Interview
NON BAND Q&A
SONGS :Lyrics
English site
OLD PHOTOS
OTHERS :Essay etc.
リンク集 Link
管理人より From webmaster
以前の記事
2019年 10月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のトラックバック
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO&#39;S RE..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧