ライヴを見た方の感想記事 2
「レヴューを書いて下さりありがとうございました(NON)」の気持ちと、
「自分を含め、知らない世代の方々に伝えたい(管理人)」の気持ちから、
このコーナーを作りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第2回目は
内本順一の「怒るくらいなら泣いてやる」http://ameblo.jp/junjunpa/) より
--------------------------------------------------
『2006年11月25日(土) NONのソロ・ライヴのこと。』

だいぶ経っちゃったけど、やっぱり書いとこ。


11月4日(土)

下北沢・Galerie Cafe PIGAで、NON(ノン)のソロ・ライヴ。

最初に説明しておくと、NONは70年代末から東京のパンク〜ニューウェイヴ・シーンで活動してた女性ロッカーの先駆者的存在。
オリジナリティがとっても強く、なおかつポップとも言える音楽をやっていたNON BANDでベースを弾いて歌い、ゼルダなんかとともに、“女だって自分らしく音楽表現するんだ!”という姿勢を見せていた。

NON BANDの前にやってたのはマリア023というバンドで、ここには後にオートモッドを結成するジュネもいた。
が、個性(というか、あく)の強すぎるジュネとNONさんの二人がひとつのバンドで一緒にやっていくのは大変だったようで、80年代初めには別々のバンドに。
このブログで最近書いてる通り、今年になって僕は久々にオートモッドやリザードやフリクションらのライヴを続けざまに観て、そして今度はNONさんのライヴも観ることが出来たわけだけど、そこで感じるのはやはりこの世代の人たちの表現欲の強さとかタフさといったものだ。
今ある若いバンドの人たちで、20年後、30年後にも強い表現欲求を持って自分らしく音楽を続けている人が、果たしてどのくらいいるだろうか……。なんてことも考えてしまう。

当時、御茶ノ水にあるデザインスクールに通ってた僕は、毎日のようにディスクユニオンに寄り、東京のアンダーグラウンドなパンク〜ニューウェイヴの人たちの自主制作盤なんかをチェックしていた。
で、あれこれ買っては友達と持ち寄って聴きっこしてたわけだが、NON BANDが82年にテレグラフから出したレコード『NON band』は相当好きで、年月が経ってもよく聴いたりしていたものだった。


『NON baNd』(1982年)  この頃のインディ盤の傑作。


ベース、ドラム、ヴァイオリンというユニークな編成。どんだだんだん・どんだだんだんという(ちょいスリッツとかにも通じる)原初的なビート。何より舌足らずな声で自由奔放に歌うNONさんのヴォーカルがステキに個性的だった。
けれどもライヴは、僕は観たことがなかった。
NON BANDとしての活動期間は長くなく、その後NONさんがどういうことをしていたのかも僕は知らなかった。


で。
今回、たまたまEATERのウェブを見てたら、「NON、4年10ヶ月ぶりの東京ライヴ」という情報が。
東京でライヴをやるのは2002年1月のNON BAND復活ライヴ以来とのことで、そんなものがあったことにも驚いたが、とにかくこれは観ておかねばという思いに。
会場はどこかと見ると、ほお、わが街・下北沢のいつも行く北口駅近くの本屋のちょい向こうの地下のカフェじゃないですか。
ってことで、スリランカから帰国した翌日のヘロったカラダではあったが、迷いなくゴー。
入ると、人は20〜30人くらいか。
関係者(昔からのお友達や身内の人たちかな)っぽい感じの40代・50代くらいの年配の方がゆるく腰を落ち着かせ、和んで待っていた。

NONさんももう普通にいて、初めて姿を見る僕は「ああ、こういう人なのかぁ」なんて思いながら始まるのを待っていた。
NONさんはあとから入ってきたお客さんに気を使って「じゃ、あちらのお客さんが落ち着かれたら始めましょうか」とか言いつつ、自然な感じで演奏を始めて歌いだしたのだった。

歌。
それは歌だった。
人間としての根源的な歌というか、生命力がどんとあって、しっかりと自分の二本の足で大地に立っているというような、そういうたくましさと伸びやかさのある歌だった。
カラダの奥から“発したい気持ち”が声になって出てきて、それが歌となり、それが音楽になる。
そういう原初的なものが感じられた。

NONさんはしばらく前から生まれ故郷の青森県弘前に住んでいて、画家や歌人といったいろんな表現者たちと交じり合いながら、地元のライヴ・イベントに参加するなどして活動をしているとのことだった。
自分の住む場所で、自分の暮らしをし、人と触れ合って、そこからの思いが歌になる。
だから、そういう歌たちの根っこは太くて、例えば野菜のように生命力と滋養があって、人に聴かれることでまた育っていく。そういう歌を歌っているなと僕は感じた。
「家」という歌が、とりわけ印象に残った。

この日はベースの弾き語りだったが、弘前では最近、バンド形態でまたグガガっと大きい音を出すロック的なライヴもやったりすることがあるという。
ライヴが終わってからすぐ、最近バンド形態でやったライヴの模様を焼いたDVDを、その場で手売りするNONさん。
僕はそれと、2002年にリリースされていたソロ・アルバムの『ie』を買って、ほんの少しお話しをして、ジャケにサインもしていただいた。

なんだか不思議な気持ちだった。
自分にとって半ば伝説の人という位置づけでもあった人のライヴを地元でふらっと観ることが出来て、その人と話もしている、その感じ。

いつかまたバンド形態でも東京でやりたいと思うとNONさんは話していたが、ぜひ実現させてほしい。

あと、機会と載せられる場所さえあれば、じっくりお話を聞いて文にしたいとも強く思った。


『ie』(2002年/OZ DISK)

NON BAND以来、20年ぶりとなったソロ・アルバム。
僕はこれが出ていたことを今まで知らなくて、今回NONさんから直接買って初めて聴いた。
「NON復活。変らない、大きなうた。大きなこころ。」というコピーがつけられていたが、まさにそういう作品。

「あくびから おならから あたしが出てく。
むかしは涙から叫びから出てったものさ。
またその日がきても もうこわくない」

「VAGABOND」という曲の、この歌詞が好き。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

偶然に見つけ、動き、出会う、幸せ。いやっほーう!
私も『変らない、大きなうた。大きなこころ。』に出会えて良かった。
ああおもしろいな人生は。と、少しだけじっくり考えてしまいました。
20年前、30年前の意識の厚みというか、良くも悪くも貪欲なパワー。
想像できやしない・・・。
こうした形(ブログ管理人)ででも当時に触れることによって
少しでも手に入れたいと思うばかりだ・・・。

「怒るくらいなら泣いてやる」・内本順一様、ありがとうございました。

(次回更新予定日 12/11)
[PR]
# by nonband | 2007-12-08 21:50 | レヴュー記事 Review | Comments(0)
いよいよ明日。
c0147522_19355449.jpg
お祭りです!

雪、焚き火、NON。すごいぞ。

詳細はコチラ
http://tsugarusa.exblog.jp/7635392/
[PR]
# by nonband | 2007-12-08 19:43 | 管理人より From webmaster | Comments(0)
東京等でNONと共演した方々をご紹介。
ホームページをお持ち方のご紹介です。(五十音順)
コメント:NON

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Quikion(キキオン)「■■弦と蛇腹の夜〜Quikion■■」
http://homepage2.nifty.com/fhifan/

私の姪っ子がキキオンの友だち(鬼沢出身)の友だちで、そんなひょんなことからルインズを弘前に呼ぶときに彼らにも出演してもらいました。その時初めて会いました。東欧ぽい、いい香りのするバンドです。その時のライブでは、私の曲もキキオン・バージョンで3曲(ホーム・あふれる・ほいかん)歌わせていただきまして、とても新鮮でした。佐々木さんには"ie"の録音にもその直後のライブにも参加してもらいました。高校の頃、NON BANDのコピーもやってらしたというありがたいお方です。お酒強いすね。佐々木さん以外のお二方には1回しかお会いしてないはずなのに、みなさんなんだかとても近しく感じるふしぎなご縁です。
また共演してください。

------------------------------

灰野敬二「灰野敬二 魂を操る司祭」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~haino/

むかーし、なんでだったか会って何を話したかも記憶にないのですが、吉田くんが声かけてくれた例の20分ずつのライブイベントで再会して、またそれからしばらく経ってから弘前に来てくれて、と20数年の間にあったのは数回だけなのですが、恩人です。
「(音楽活動を)休んでるのも続けてるってことなんだよ」とくれた言葉がほんとうに励みになりました。弘前に吉田くんと彼を呼んだとき、私は即興に参加する気はなかったのですが(即興音楽の経験も少ないし)、「楽しめばいいんだよ」と言ってくれて、ほんとうに楽しかったです。だから他の人と即興をするときも、そんな感じを伝えられたらなあと思います。
集中の美しい人です。錬金術師が空気を分けて歩みます。

------------------------------

吉田達也「magaibutsu limited」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~ruins/

1990年ですか、高円寺の20000Vで彼がやった企画がおもしろいもので、6人のミュージシャンが20分ずつのパフォーマンスをするのでして、電話で参加しませんかと誘われてびっくりしました。しばらくぶりにベースをしょって電車に乗り、友だちに子どもを預けて、その当日に初めて会いました。その日は灰野さん、とうじ魔とうじさん、ホッピー神山さんなども出てみんなそれぞれとても面白かったです。吉田くんのソロはたまげました。ルインズを弘前に呼んだときは、お客を集めることができず、申し訳ないことをしました。彼とも数回しか会っていませんが、さらっと続けるマイペースで続けるパワフルさを見せてくれるし、何より20000Vへの出演は刺激になったので、彼も恩人です。
あ、青汁を教えてくれたのも吉田くんです。岩手出身です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

年明け東京ライヴでも共演する方々です。(※佐々木絵実 from Quikion)
NONさんが「必見」とおっしゃるからには必見に違いない。

みなさま、世界は、広いのです・・・(溜め息)。

(次回更新予定日 11/8)
[PR]
# by nonband | 2007-12-05 21:48 | リンク集 Link | Comments(0)
ライヴを見た方の感想記事 1
「レヴューを書いて下さりありがとうございました(NON)」の気持ちと、
「自分を含め、知らない世代の方々に伝えたい(管理人)」の気持ちから、
このコーナーを作りました。

題して、『感謝と布教のライヴレヴューコーナー』!
(布教・・・?なんだか違う・・?)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まず第1回目は 高円寺的地下音楽夜話http://blog.goo.ne.jp/popcike/) より
--------------------------------------------------
『2006.11.04 NON SOLO (from:NON BAND ベース弾き語り)』

ライブの行なわれた下北沢・Galerie Cafe PIGAというのは、ペンギンハウスをちょっとタテに長くしたような感じで、観客は20人程度だが、地引雄一氏はもちろん、かつての盟友・山岸麒之介氏(彼は小さなPA卓の操作で参加)、佐藤ジン氏など内輪が多くライブを観るというより久しぶりにNONとの再会に訪れた人が多いようだ。柔らかい照明と十分に人が行き来できるスペースがあるのでゆったりとした気持ちでライブを楽しめそうだ。

演奏は15分程度押して「クワイエット・ソング」からスタート、NONが弘前に帰ってから地元の学生達の会話をメモ書きして曲にまとめたものやトーキング・ブルース風のもの、懐かしい「ホーム」など12曲程度で最後は「家」を唄って終演。60分強程度だったが十分楽しめた。やはり「家」からの選曲が多かったようだ。ステージの段差もなく観客との距離も近いが、一応オン・マイク。しかし、からだを大きくゆっくりと揺らしながらほとんどマイクなど無視してよく通る声で唄う。もちろん声量を誇示するようなものではない。薄暗い小さな店いっぱいにNONの声が満たされていく。テーブルの上の空になったコーヒーカップもNONの声であふれそうになっている。

NON自身演奏前にMCで触れていたのは「東京では初めての(完全な)ソロ」ということ。そうだったのか。NON BANDが1982年に休止してその後NONが東京を引き払ってからこの日まで、東京でのライブは本当に数えるほどしかない。一回一回がすごく大切なものなのでよく覚えている。「NAM」へのゲスト出演、モリイクエ、茂木恵美との「福娘」と佐藤弘通との共演、「NON BAND」の一回だけの再結成、「NON」名義のバンドはメンバー違いで2種類あった(一つにはコンクリーツのナオケンと人民オリムの蓑輪政博が参加、考えたらすごいユニットだ)、高円寺の稲生座での2回にわたる横澤龍太郎とのデュオ、2回目では吉田達也が最前でポータブル・テレコを回していた。この時は私はお店の人に何も言われなかったのをいいことにリハーサルから拝見させていただいた。

そんな数少ないライブの中でいつも思うのはNONの持つ軽やかさ。自然を持ち味にしたひきずるようなワンピースを着た化粧っけのない女性ボーカリストは後を絶たず現れるが、NONとは決定的に違うのは軽やかさだと思う。NONは足元からフワリと浮いているような感じがする。そしてゆらゆらりと揺れている。NONがいるだけでゆったりとした空気が流れていく。

この日販売されたDVD—RはNONが今最も注力している「青森Golden Triangle」という年一回のイベントを収録したもの。いつの日かこの企画が東京で実現すればとNON自身も話していたが本当にそう思う。東京でのライブが少ないのは本当に残念だが、NONを東京に閉じ込めておくのはちょっと不自然な気もする。その反面、「家」発売時の東京での灰野敬二・吉田達也との共演などまだまだ異種交配してほしい気もするし、ファンとしては複雑でもどかしい思いがする。

次にNONの唄を聴けるのはいつになるのだろう。その時は大好きな「パンドラ」をやってほしいな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『一回一回がすごく大切なものなのでよく覚えている』

ライヴの記憶。年を重ねるごとに、記憶力の減退と共に
脳内からどんどんなくなっていくような。
それは「よく覚えている」ことにはならなくて。
おそらく最初にNONさんの歌を聴いた時から私も「よく覚えている」。
"Golden Triangle"の衝撃は多分一生ものだ。
2006年、見てみたかったな。

高円寺的地下音楽夜話・popcike様、ありがとうございました。

(次回更新予定日 11/5)
[PR]
# by nonband | 2007-12-03 18:26 | レヴュー記事 Review | Comments(0)
地元・青森でのライヴ決定です。
2007/12/9(日)
『山の神と海の神の ほのお祭り2007』
 「ほのお祭りMOON」
  〜大きな焚き火を囲んで、未来の津軽を思う音楽祭



c0147522_1325243.jpg

c0147522_1325218.jpg

 --出演--
 NON
 ムビラトロン[ギタリスト・Oto(Ex.じゃがたら)、ムビラ奏者・小池龍一]
 ふきた
 笑鬼
 and more...
----------------------------------------
 「ほのお祭り MOON(同日夕刻祭)」
  〜大きな焚き火を囲んで、未来の津軽を思う音楽祭

 2007/12/9(日)
 15:00〜18:00
 入場無料
 (※『ほのお祭り』は11:00開演となっております。
   NON出演は「ほのお祭り MOON」です。 )
----------------------------------------
 津軽伝承工芸館http://tsugarudensho.com/
 青森県黒石市大字袋字富山65-1
 0172-59-5300
----------------------------------------
 詳細についてはこちらもご覧下さい。
 (津軽伝承工芸館のスタッフ日記「TSUGARU SAIKOOOO!」)
 http://tsugarusa.exblog.jp/7495344/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

緊急告知でした。来週です。
みなさん!津軽に集合ですよ!
焚き火の中で歌うNONさんを見に行くべし。

晴れますように。。。

(次回更新予定日 12/3)
[PR]
# by nonband | 2007-12-01 13:52 | ライヴ情報 Live schedule | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
はじめに Introduction
ライヴ情報 Live schedule
活動報告 Activity report
音源情報 Sound source
物販 Product sales
ライヴ映像・音声 Video&audio
レヴュー記事 Review
バンド経歴 Profile
インタビュー Interview
NON BAND Q&A
SONGS :Lyrics
English site
OLD PHOTOS
OTHERS :Essay etc.
リンク集 Link
管理人より From webmaster
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のコメント
ありがとうございます!!..
by 爆睡ベイビー at 23:08
BBさま、定形外の方が安..
by nonband at 17:41
BBさま、了解しました☆..
by nonband at 07:44
BBさま、ご注文あり..
by nonband at 12:49
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
> Wさま お返事遅く..
by nonband at 19:50
Kさま ありがとうござ..
by nonband at 06:35
Iさま、お返事お送りいた..
by nonband at 19:31
うわぁ、びっくりです!!..
by nonband at 19:42
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO'S RE..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧