<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ライヴを見た方の感想記事 4
「レヴューを書いて下さりありがとうございました(NON)」の気持ちと、
「自分を含め、知らない世代の方々に伝えたい(管理人)」の気持ちから、
このコーナーを作りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第4回目は
TAKE's Home Pagehttp://homepage3.nifty.com/TAKEDA/)より
--------------------------------------------------
『NON、灰野敬二、吉田達也 2000/1/12東高円寺UFO CLUB』

2000年最初のライヴは、NON BANDのNON(vo,b)に灰野、吉田を加えた3人によるライヴです。この組み合わせは昨年弘前で行われたライヴ以来2度目。会場のUFO CLUBはフロアの前のほうが座って見れるくらいのほどほどの入り。普段は実家の青森で主婦業をやっているNONの関係者か、小さな子供連れの姿も見られました。

昨年のライヴではソロをそれぞれやってから3人による演奏という流れだったそうですが、今回はいきなり3人がステージに登場。吉田がリズムを刻み、それに2人がセッション風に合わせる演奏と、NONの歌とベースリフを主体にあとの2人が音を加えていく2セット20分。NONのベースは決して自己主張は強くないですが、CANを思わせる浮遊感のある反復フレーズで、3人の音のバランスは文句無し。その後灰野と吉田が下がり、NONがベース弾き語りソロを3曲演奏。メロディ・歌詞・歌声のどれを取っても実にシンプルで素朴なものです。

続いて灰野+吉田のアコースティックセット。吉田はダラブッカを使用。底を抜いてあるパーカッションで、横に抱えて穴から腕を入れ、音程を変えながら叩くことも可能。灰野は蛇使いが使用する笛と弦楽器(サズ)を使用。マイクを通さない吉田の生音と自分のアンプを通した音のバランスと取るためか、椅子に座ったまま場所をあちこち変えながら演奏します。後半はNONも加わり、3人での演奏。NONは鈴や小さなベル多数をひもで結んだものを両手で鳴らしながら歌います。ここでのNONのヴォーカリゼーションはシャーマン的なものを感じさせます。さすが青森出身? 吉田の地歌風のヴォーカルもこれまたノーマイクで加わる無国籍民族音楽セッションが、灰野の怒声一つで一気に世界が変わってしまう場面は、何度聞いてもインパクト満点。ここまで約1時間で前半終了。

後半は灰野+吉田のエレクトリック・デュオでスタート。これは前半は灰野が椅子に座って演奏する比較的抑えたスタートから、椅子を蹴ってエフェクトを踏み、痙攣アクションつき全力疾走バトルへなだれ込むおなじみの形式。吉田のドラムは他のセットでリズムをしっかり刻むプレイが多かったせいか、ここではノーリズム・手数で空間を埋め尽くす場面が多く感じられました。相変わらずテンションは最高レベルで15分弱の演奏。その後NONが入り、最初と同じ3人での演奏。NONの歌を中心にした安定感のある演奏で、音はサイケデリック/トランス・ロック色が強いもの。昨年同所で見たダモ鈴木セッションを思い出させました。ありがちなものに決してならないのはやはり灰野の音色とフレーズの特異さ故か。個人的にはこのまま3人でレコーディングに入ってもいいくらいだと思いました。アンコールでは再びアコースティックセットで3人での演奏。ここでも安定した曲展開をぶち壊さんばかりに切りこんでくる灰野のヴォイスが強力でした。後半はアンコール含め1時間弱。

前日のNON BANDは良くも悪くも80年代的な演奏だったそうですが、この日の演奏は時代性を越えた、質の高い演奏でした。とても打ち合わせ無しのオール即興とは思えません。また組み合わせも多彩でバラエティに富んでおり、早くも今年度トップクラスの内容かも。

終演後、吉田さんに話を聞きに行くと、数日前にインドネシアから帰国したばかりだとか。演奏は無し、写真撮影で行ったそうです。2月以降のライヴは3月のRUINS以外は決まっていなくて、RUINSと高円寺百景のレコーディングに入るそうです。まだ曲数が少ないのでリリースは先になりそうですが、今から楽しみです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

年明けライヴでも共演する方々ですね。
読んでいると興奮して来ます・・・ああ楽しみで仕方ない。
どんな空間になってしまうのか・・・ああ楽しみで仕方ない。
このライヴは7年前、7年という年月などきっとあまり関係ないのだろう。
このブログを始めてから時空の不思議を考えるようになりましたが、
おそらく答えは一生出すつもりもなく不思議を味わって行くのだ。

無国籍民族音楽セッションがまた繰り広げられるのかなぁ・・・たまらん。

TAKE's Home Page」・武田様、ありがとうございました。

(次回更新予定日 1/5・・?)
[PR]
by nonband | 2007-12-29 23:50 | レヴュー記事 | Comments(0)
11月18日「反核ライヴ」の模様です。
c0147522_22115216.jpg


青森県庁の前にある青い森公園で行われた反核ライブ。
管理人は残念ながら行けませんでしたが、
その日は相当寒かったのです。





NON
「ときどき猛烈にふぶいて、その時期にしては驚くほど寒い日でした。当日は急遽決定飛び入りで参加したのですが、こんな寒いところで着ぶくれして歌うのは初めてだったので、それがとても楽しかったです。おいらせのラップグループNort Hempireは張り切って服を脱いでたみたいだー!元気だー。」

c0147522_2214693.jpg

c0147522_2215086.jpg

c0147522_22152613.jpg

c0147522_2215542.jpg

c0147522_22161652.jpg


楽しかった〜。県庁に向っての即興ラップとか、パワフルだったなあー。
ノンさんのライブがすんごく素敵で、あんなうた歌いになりたいなあって思いました。
(撮影・サワぽー)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こうした活動を目にするたびに、自分ができることはなんなのか考えさせられる。
どこででも歌っちゃう姿勢。
出演者の皆様、NONさん、寒い中お疲れさまでした!

本当に着ぶくれしてますね・・・。

(次回更新予定日 12/29 or 年が明けるかもしれません)
[PR]
by nonband | 2007-12-25 22:44 | 活動報告 | Comments(0)
勝手にNON日記 4
メリークリスマス!

こんばんは。管理人カサイです。
更新は明日にします。(します。ってなんだか。でも明日です。すみません。)

今日はのんびりほんわかなクリスマスを過ごしました。

以前にも申しました通り、なぜだかNONさんとゆるゆるお付き合いをしています。
今宵のクリスマス・イヴもなぜだかお宅に居座ってしまいました。
昨日の晩からさっきまで。ひどい。テヘヘ。

得になんの約束もしていない。
帰る時間も決めていない。
そこにはそこの風が吹く。

『なぜだかわからない』が流れるように、そう。

どの瞬間決まるのか。

『なぜだかよくわからない』が心地よく、心地よすぎて居てしまう。

まるで家族のように受け入れてくれる。ありがたい。
サンタさんは「今年はちょっと灯油とかいろいろ大変でねぇ・・・」
と言っていたみたいです。最高です。

さて、もういくつ寝ると上京ライヴ。
ステージ衣装は農作業着になるのか!
(そんなお話をして過ごしました。本当にりんご農家スタイルだったらどうしよう。)
[PR]
by nonband | 2007-12-24 23:57 | 管理人より | Comments(1)
ライヴを見た方の感想記事 3
「レヴューを書いて下さりありがとうございました(NON)」の気持ちと、
「自分を含め、知らない世代の方々に伝えたい(管理人)」の気持ちから、
このコーナーを作りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第3回目は
TERMINAL JIVEhttp://blog.so-net.ne.jp/moody-fjk/) より
--------------------------------------------------
『1980X 秋の陣(リイシュー)』2007-06-14

当時のフライヤーによると、日大文理の企画はヴェッダミュージックワークショップの主催で11/8.9.10の三日間、132教室に於いて入場料無料で行われた。フライヤーには出演者のほか、「奇祭!感涙!MINOR ALL STARS!」「EXPERIMENTAL MUSIC DAYS」のコピーが記されている。(ウラ面は「MINOR通信」で、オーナー佐藤氏によるMINORの収支計算と共に、ピナコテカレコード立上げの報告が記されている。以降、‘AMALGM’と題されたフリーペーパーが発行された。このフリーペーパーの趣旨は、ピナコテカの新譜情報であるが、レコメンドするミュージシャンのLIVE情報や、タメになる情報−例えばISSUE#8ではLAFMSの沿革と関連レコード紹介ナド−も掲載されていて、貴重な情報源のヒトツでもあった。)
…神大大講堂で1980年11/15~16に開催された「ELECTRIC CIRCUIT for STREET SYNDICATE」の主だった出演バンドは、LIZARD、ZELDA、AUTO—MOD、S—KEN、ZIG ZAG、水玉消防団、PRICE#1、EP—4、STAR CLUB、STIGMA、NON—BAND、午前4時、REAL… 。
東京ロッカーズを基点とすれば、早、第三世代に当たるBANDも頭角を現しはじめ(解散→新バンド結成、という構図も多く見られたが)、シーンは更なる活性化に向けて動き出している感があった。

LIZARDはこの年の秋、JUNK CONNECTIONよりEP「SA・KA・NA」をリリース(折畳み式のピクチャースリーヴ付で、‘THIS MINI ALBUM NOT PRODUCED BY J.J.BURNEL’のクレジットが。INSTANTエンジニアはREALの吉田成夫。昨年、21年を経て遂にリイシュー。)ギターに螺旋の北川哲生を迎え、モモヨ、ワカ、ベルの四人体制となり、ポリティカルな面も多分に取込んで、新たなサウンド展開へと至っていた。

ZELDAも同じく1ST EPを同レーベルよりリリース。初期の代表作‘ASH—LAH’、‘SONATE815’(宅録)、‘BE-POP’(エンケンさんのWALTZでのLIVE音源)の三曲入り。チホ、サヨコ、ヨーコ、マルの初期四人のサウンドも固まり、精力的な活動を始めた頃であった。

AUTO—MODもこの時ほとんど最初期のLIVEだったのでは?スタイリッシュなデザインのフライヤーと、バンド名のセンスには惹かれるものがありました(結局、初期に数度観たにとどまってしまったが…‘時の葬列’か…)。

EP—4、はむしろ翌年展開されたイベント(5.21)のACTIONの方が強く印象に残ってる。エレクトロ・ファンク。巧かったな。クールで格好良かったし。佐藤薫氏のキャラも印象深し。

STIGMAは筑波大の学生を中心としたバンド。ヴォーカル浅野氏のエキセントリックなパフォーマンスとリズム・ボックスの使用が印象的だった(翌年アスピリンより三曲入りソノシートをリリース。‘金属バット’‘粗大ゴミ’は特に忘れ難いチューン)。

しかし、一番印象的だったのはNON-BAND。登場したのは明け方に近かったんじゃないだろうか?会場全体に疲労感が漂い、気だるい空気の中に登場。比類なきキラりと光る音楽性で、観客を静かに惹き付けていた。一度聴いたら忘れられないNONのVOICE。女の子なんだもん、というスタンスとは一線を画した、‘女性’であることを確りと認識した地平から生み出されるNONの言葉、ビート。激しく、かつ包容力があるサウンドには評価が高かった。 数少ない音源はいまだ、愛聴盤。至宝。

また、このイベントでの一番のお目当てであった午前四時だが、このとき既にヴォーカルの高橋均は脱退しており、灰野敬二(!!)がヴォーカルとして参加している時期であった。ソレはソレとして、なのだが、やはり午前四時というバンドの真骨頂は、高橋のヴォーカルに川田良のフリーキーかつソリッドなギター、ズンと響くリズム隊が相俟って生み出す疾走感あるサウンドにあったワケで…それが、残された音源だけでしか体験出来なかったのは残念至極である。(「午前四時 ライブ・ブートレック」テレグラフ‘81年リリース/後にCD再発有。廃盤?)


また、神大学祭期間中にはMINORの常連が多数出演した「100時間劇場」なる教室を会場としてのオールナイトライブも行われた。これは、未見。
…そして、怒涛の年末に向けてまだまだ重要なイベントが開催されていったのである…

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

132教室。三日間。入場無料。
おもしろくないはずがないと私にさえも簡単に想像できるこんなイベント、
お尻がムズムズする。
「EXPERIMENTAL MUSIC DAYS」
こんな試み、アイデア出したって現代ではきっとできないんじゃないか。
昔は良かった・・・とは言いたくないが、少しだけ羨ましく思ったりもするのです。
土俵が違って来てるのか、それとも私が知らないだけかもしれない。
自分でやるしかない。よし。(ナニカを決意)

TERMINAL JIVE」・ムーディFJK様、ありがとうございました。

(次回更新予定日 12/24 or 25)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

と、ここで終わるNON BAND BLOGじゃないですぞ。

今回のレヴューを書いて下さったムーディFJK様、
ありがたいことに今月も書いて下さっておりました。
ありがとうございます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『野生のこどもはそれがたまらない』2007-12-02

これは知らなんだ。
先々月に発売されてた二枚。
80年代初頭のCD音源は、余程の事がない限り、
即買いなんてしないのだけど、これは別格じゃ。

NON BANDが80年にリリースした「NON BANDIN’LIVE」
(2枚組ソノシート)と82年にリリースした「NON baNd」(10吋盤)に
それぞれ未発表のスタジオ、ライブ音源なんぞを加えて、
NON BANDの色褪せない魅力を今に(永劫に)伝えるべくリイシューされた逸品。
(DUでオトナ買いすれば、更に未発表のライブ音源3曲入り
〈’82年・前橋ガルシア〉のCD-Rも入手出来たりして。)

解説はいずれも地引雄一氏。そりゃそうだ。

手元には、発売当時に先輩がカセットテープに落として呉れた
「NON BANDIN’LIVE」(と言いつつ十数年前に見失ったまま)と、
NDRの付録だったソノシート「SILENCE-HI-SPEED」(SP-001)
(も一曲の収録曲は無理心中「JOSESPINE MUTZENBACHER」)、
そしてアナログ盤「NON baNd」が有りはするのだが、やはりこれは、
NON BANDに関しては、リマスタリングされた劣化しない音源を
確保しておきたかったんよね。

これで漸く80年晩秋、神大オールナイトの明け方に(記憶では)聴いて
未だ忘れ難き一曲、「BED SONG」を心置きなく聴く事が出来るんやね。
…って思うのはわたしだけ?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

嬉しいです。
こういう気持ち(劣化しない音源を確保したい)には
やはり劣化する淋しさを知らないとなれない。
素直に、純粋に、共感できる嬉しさ。

今は、なにか違う淋しさがあるような気がしてなりません。
ああ、わからなくなる進化。
こんなシメでいいものかどうかもわからなくなる・・・。
当時を知る度にわからなくなる・・・。すごい時代です。ふぅ。
[PR]
by nonband | 2007-12-21 21:59 | レヴュー記事 | Comments(0)
NONがお世話になったり共演したりした方々をご紹介。
ホームページをお持ち方のご紹介です。
コメント:NON

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

渡辺 正「レコードショップFUJIYAMA」
http://fujiyama.press.ne.jp/

そんなにいろいろお話したことはないような気がします。
でも古くからの知り合いです。
どんな流れだったのか、等身大の人形「エレキノスケ」を狭いアパートの部屋をごちゃごちゃにして作り、電車で運んで、フジヤマに買ってもらいました。80年代半ば頃かしら。今も店内のどこかにいるはずです。
ルインズとキキオンを弘前に呼んだときは、会場に飾りたくてわざわざ送ってもらいました。その節はありがとうございました。(エレキノスケ画像はこちら
次のリクエストは黒人の人形だったのですが、いまだに作れていません。お互い生きている間にできるかなあ。もう渡辺さんは忘れているはずですが。
とびとびでもお付き合いが続いているのは、なんかのご縁だと思います。
体に気をつけていただきたいです。

------------------------------

地引雄一「EATER online」
http://www.eater.co.jp/index.html

一見ごくふつうのおじさんで(昔から)、それが今でも不思議です。
アングラ!?界では、それがまた貴宝なのかもしれません。
一見ふつうの人が実はいちばん変わっている、というのが本当かもしれません。
ノンバンドの録音ができたのは彼のおかげです。
想定していた録音時間ではまったく足りず、スタジオを借りるのは当時はたいへんお金がかかることだったはずで、地引さんは途中で体調を崩しました。若気のいたりど真ん中だった私は、その一分一分にどれだけお金が飛んでいくのか、気がつきもしなかったのです。(買ってくださる方が幸い多くいて、ほっと一息つきました。
ありがとうございました。)
地引さんの住む西荻のアパートは一回が桂花飯店ていったかな、中華料理屋さんで、そこで一時アルバイトもさせてもらったっけ。まだあるかなあ。
地引さんとも長いお付き合いになりました。やっぱりご縁ですかね。
体には気をつけている方だと思います。

------------------------------

突然ダンボール「突然段ボールTOTSUZEN DANBALL」
http://www.interq.or.jp/sun/totsu/

まずバンド名がすごくいい。
今はこのような言葉の組み合わせのバンドがいろいろあるだろうけど、
突ダンが出た頃は呆れるほど的確に新鮮だった。

けっこう何回も共演したと思うんですが、あれこれたくさん話をした記憶はない。
でもいつも、彼らのライブはよかった。
どんな形態でも彼らは突ダンだった。

埼玉のねぎ畑は空の下で歌っている。
ねじ屋の跡継ぎや土方や町の小さな電気屋や卵屋や、
そんな働きをしながら音楽を続ける人たちが大好きです。

このバンドの中核をなす兄弟の、お兄さんは死んでしまった。
淋しいけれど、蔦木弟がこの名で立派に続けています。
ずっと会っていませんが、いつかまたきっと再会して、
同じステージで音しましょう歌しましょうと願っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

玉手箱、否、宝石箱の宝庫です。
この時代の諸先輩方は「まじすか!」と思うことをさらーりとやっている。
話を聞くだけでワクワクしてくるのです。
そして今も持ち続けている「ワクワク魂」、いい。いい。いい!

(次回更新予定日 12/21)
[PR]
by nonband | 2007-12-17 20:02 | リンク集 | Comments(0)
ライヴが見れますよ 2
You tube:http://jp.youtube.com/watch?v=e-vbprE-V4E

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PEACE FESTA 2004』(2004年10月)

 青森県弘前市・大成小学校グラウンドで行われた、NON参加イベントの模様です。

 フェス全体の模様(写真のみ)はこちらでどうぞ↓
 PEACE FESTA 2004 - PHOTO GALLERY(http://peace20xx.nobody.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

順番がややこしくなってしまい申し訳ございませんが・・・
前回の「ライヴが見れますよ 1」の時に掲載していなかった
AOMORI GOLDEN TRIANGLE  blue forest forever』の時の歌詞です。

 NON「その日の私たちのライブは基本的に即興で、
    一度かんたんな打ち合わせをしました。
    歌詞のコピーを渡して、流れだけ確認しました。」

--------------------

「その時のメンバーとのお約束」

自分の心臓を感じること。
他の人にも耳傾けること。
後ずさりしないこと。

--------------------

1:(ビートを削ってがまんして集中)

でへへいへい move over

旅人の勘 動けるうちに

あわてないで あおられず

今のうちに move over



この地は 私の命

たっぷり与えた 荒れ地

草育ち 報われた恵み

根こそぎするは たれの根性



でへへいへい move over

旅人なら 動き静かに

そして続け 牛羊

逃走より前へ move over


逃げるより前へ move over

--------------------

2:(ゆるゆると)

涙ひとつおちて 水たまり

涙ふたつおちて 池になり 鳥訪れ

涙またおちて 湖に魚たわむれ

涙みなからおちて 海になり くじら いるか ざっぱんと

--------------------

3:(おもいっきり行きましょー!)

ぐむほ ほーほー

わたしはだれ あなたがすき

ぐむほ ほーほー

わたしはだれ あなたがすき

ぐむほ ほーほー

わたしはだれでも あなたがすき
わたしはだれでも あなたがだいすき

人はザンコク 人は愛
人はザンコク 人は愛

あいやらやららら あいあいあい
あいやらやららら あいやらあいや

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ピースフェスタでのNONさんは事務局兼出演者という立場で、
とても忙しそうに動き回っていたという記憶があります。
世の中にはすごい人もいるもんだぁ・・・と、ただ見ていました。
手伝わず、すみませんでした(3年越しの謝罪)。

AOMORI GOLDEN TRIANGLE、

 わたしはだれでも あなたがすき

この言葉に、痛いとこ突かれたー!と思いました。
DVD見ようっと!あ・・・そういえば貸出中であった・・・
くぅ。

(次回更新予定日 12/17)
[PR]
by nonband | 2007-12-15 22:05 | ライヴ映像・音声 | Comments(0)
12月9日「ほのお祭り」の模様です。
お祭り当日。
快晴とまではいかないが、気持ちの良い冷たい風が吹く日曜日だった。祭りの前半は13時からで民謡・手踊り・津軽三味線それぞれの名人たちによる大きな暖かいホールでの催しだった。NONさんらによる「ほのお祭りMOON」は15時から18時まで、ということは祭り全体で見ると結構な長丁場だったのだ。最初から最後までいたお客様はいたのかしら?

「ほのお祭りMOON」は会場を移してスタートした。大きくはなく暖かくもない会場は結果的にどこか出演者たちにマッチしていた。そこが良かった。と思った。ステージの広さも、バックのねぶた絵も、窓から外が見えだんだん暗くなってゆく様がわかるのも、少し寒いのも、良かった。

c0147522_23245910.jpg


NONさんから始まった。まだ少し明るい外が見える。キャンドルが灯されてゆく。
『Quiet Song』が静かに響く。祭り第2部の始まりがこの曲。その場の空気と時間の流れがガラリと変わるのを感じた。空気と時間に色が付いてたらきっとおもしろいだろうなぁ。NONさんの放つ振動がそこいらを這って、そして人を浮かす。少し寒かった会場がキャンドルの「炎」と「NONの歌」でホカホカしてきた。

c0147522_23261191.jpg


c0147522_2325217.jpg


北国の冬は静かで、冬の山はもっと静か。
祭りが行われた「津軽伝承工芸館」という所はすぐ隣に山が見える、言わば奥地。はっきり言って移動が大変であるし、近所にコンビニなんてない。温泉はある。最高にいい所だ。そんな静かな場所で北国の人は、耳を澄ますのだ。耳を澄まして聴こえてくる音がNONさんの声ならばいいじゃないか。こんなベストマッチングなことはないと自然に思った。それだけ『Quiet Song』がハマっていたということだ。

娘さんが話す津軽弁を歌にしたものや、1人では初めて歌うという『善でも悪でもない精霊』や、『ひまわり』そして『家』。あ、『パンドラ』も歌った!(セットリスト未確認で書く私・・・)

地球と一緒に生きている感覚を強く認識させられる、少しだけ不自然でとても自然でもある時間の経過を味わった。よく考えると地球と共に生きているのは当然のことで、普段はあまり考えないだけだ。それを思い出させてくれて「(なにがなんだかわからないがとにかく)みんな一緒だ!」という感覚が甦る気がする。そう気付くことも気持ちが良い。大きいな。と、毎度のことながら思うのだ。

c0147522_23263860.jpg


ソロステージを見る機会が多い私は、是非ともバンドという形でもNONさんを見てみたい!と思った。
別の顔になるのかと思うとワクワクで仕方ない。

ステージ終了後、他の出演者たちがステージに立つ姿を見るNONさんは
とても楽しそうにビールを飲んでいた。

最終的に出演者もお客さんもみんな踊っていた。
北国の冬山に大きな焚き火、消えない炎を一緒に見た。
いい日だった。

c0147522_2327586.jpg


(次回更新予定日 12/15)
[PR]
by nonband | 2007-12-11 23:53 | 活動報告 | Comments(3)
ライヴを見た方の感想記事 2
「レヴューを書いて下さりありがとうございました(NON)」の気持ちと、
「自分を含め、知らない世代の方々に伝えたい(管理人)」の気持ちから、
このコーナーを作りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第2回目は
内本順一の「怒るくらいなら泣いてやる」http://ameblo.jp/junjunpa/) より
--------------------------------------------------
『2006年11月25日(土) NONのソロ・ライヴのこと。』

だいぶ経っちゃったけど、やっぱり書いとこ。


11月4日(土)

下北沢・Galerie Cafe PIGAで、NON(ノン)のソロ・ライヴ。

最初に説明しておくと、NONは70年代末から東京のパンク〜ニューウェイヴ・シーンで活動してた女性ロッカーの先駆者的存在。
オリジナリティがとっても強く、なおかつポップとも言える音楽をやっていたNON BANDでベースを弾いて歌い、ゼルダなんかとともに、“女だって自分らしく音楽表現するんだ!”という姿勢を見せていた。

NON BANDの前にやってたのはマリア023というバンドで、ここには後にオートモッドを結成するジュネもいた。
が、個性(というか、あく)の強すぎるジュネとNONさんの二人がひとつのバンドで一緒にやっていくのは大変だったようで、80年代初めには別々のバンドに。
このブログで最近書いてる通り、今年になって僕は久々にオートモッドやリザードやフリクションらのライヴを続けざまに観て、そして今度はNONさんのライヴも観ることが出来たわけだけど、そこで感じるのはやはりこの世代の人たちの表現欲の強さとかタフさといったものだ。
今ある若いバンドの人たちで、20年後、30年後にも強い表現欲求を持って自分らしく音楽を続けている人が、果たしてどのくらいいるだろうか……。なんてことも考えてしまう。

当時、御茶ノ水にあるデザインスクールに通ってた僕は、毎日のようにディスクユニオンに寄り、東京のアンダーグラウンドなパンク〜ニューウェイヴの人たちの自主制作盤なんかをチェックしていた。
で、あれこれ買っては友達と持ち寄って聴きっこしてたわけだが、NON BANDが82年にテレグラフから出したレコード『NON band』は相当好きで、年月が経ってもよく聴いたりしていたものだった。


『NON baNd』(1982年)  この頃のインディ盤の傑作。


ベース、ドラム、ヴァイオリンというユニークな編成。どんだだんだん・どんだだんだんという(ちょいスリッツとかにも通じる)原初的なビート。何より舌足らずな声で自由奔放に歌うNONさんのヴォーカルがステキに個性的だった。
けれどもライヴは、僕は観たことがなかった。
NON BANDとしての活動期間は長くなく、その後NONさんがどういうことをしていたのかも僕は知らなかった。


で。
今回、たまたまEATERのウェブを見てたら、「NON、4年10ヶ月ぶりの東京ライヴ」という情報が。
東京でライヴをやるのは2002年1月のNON BAND復活ライヴ以来とのことで、そんなものがあったことにも驚いたが、とにかくこれは観ておかねばという思いに。
会場はどこかと見ると、ほお、わが街・下北沢のいつも行く北口駅近くの本屋のちょい向こうの地下のカフェじゃないですか。
ってことで、スリランカから帰国した翌日のヘロったカラダではあったが、迷いなくゴー。
入ると、人は20〜30人くらいか。
関係者(昔からのお友達や身内の人たちかな)っぽい感じの40代・50代くらいの年配の方がゆるく腰を落ち着かせ、和んで待っていた。

NONさんももう普通にいて、初めて姿を見る僕は「ああ、こういう人なのかぁ」なんて思いながら始まるのを待っていた。
NONさんはあとから入ってきたお客さんに気を使って「じゃ、あちらのお客さんが落ち着かれたら始めましょうか」とか言いつつ、自然な感じで演奏を始めて歌いだしたのだった。

歌。
それは歌だった。
人間としての根源的な歌というか、生命力がどんとあって、しっかりと自分の二本の足で大地に立っているというような、そういうたくましさと伸びやかさのある歌だった。
カラダの奥から“発したい気持ち”が声になって出てきて、それが歌となり、それが音楽になる。
そういう原初的なものが感じられた。

NONさんはしばらく前から生まれ故郷の青森県弘前に住んでいて、画家や歌人といったいろんな表現者たちと交じり合いながら、地元のライヴ・イベントに参加するなどして活動をしているとのことだった。
自分の住む場所で、自分の暮らしをし、人と触れ合って、そこからの思いが歌になる。
だから、そういう歌たちの根っこは太くて、例えば野菜のように生命力と滋養があって、人に聴かれることでまた育っていく。そういう歌を歌っているなと僕は感じた。
「家」という歌が、とりわけ印象に残った。

この日はベースの弾き語りだったが、弘前では最近、バンド形態でまたグガガっと大きい音を出すロック的なライヴもやったりすることがあるという。
ライヴが終わってからすぐ、最近バンド形態でやったライヴの模様を焼いたDVDを、その場で手売りするNONさん。
僕はそれと、2002年にリリースされていたソロ・アルバムの『ie』を買って、ほんの少しお話しをして、ジャケにサインもしていただいた。

なんだか不思議な気持ちだった。
自分にとって半ば伝説の人という位置づけでもあった人のライヴを地元でふらっと観ることが出来て、その人と話もしている、その感じ。

いつかまたバンド形態でも東京でやりたいと思うとNONさんは話していたが、ぜひ実現させてほしい。

あと、機会と載せられる場所さえあれば、じっくりお話を聞いて文にしたいとも強く思った。


『ie』(2002年/OZ DISK)

NON BAND以来、20年ぶりとなったソロ・アルバム。
僕はこれが出ていたことを今まで知らなくて、今回NONさんから直接買って初めて聴いた。
「NON復活。変らない、大きなうた。大きなこころ。」というコピーがつけられていたが、まさにそういう作品。

「あくびから おならから あたしが出てく。
むかしは涙から叫びから出てったものさ。
またその日がきても もうこわくない」

「VAGABOND」という曲の、この歌詞が好き。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

偶然に見つけ、動き、出会う、幸せ。いやっほーう!
私も『変らない、大きなうた。大きなこころ。』に出会えて良かった。
ああおもしろいな人生は。と、少しだけじっくり考えてしまいました。
20年前、30年前の意識の厚みというか、良くも悪くも貪欲なパワー。
想像できやしない・・・。
こうした形(ブログ管理人)ででも当時に触れることによって
少しでも手に入れたいと思うばかりだ・・・。

「怒るくらいなら泣いてやる」・内本順一様、ありがとうございました。

(次回更新予定日 12/11)
[PR]
by nonband | 2007-12-08 21:50 | レヴュー記事 | Comments(0)
いよいよ明日。
c0147522_19355449.jpg
お祭りです!

雪、焚き火、NON。すごいぞ。

詳細はコチラ
http://tsugarusa.exblog.jp/7635392/
[PR]
by nonband | 2007-12-08 19:43 | 管理人より | Comments(0)
東京等でNONと共演した方々をご紹介。
ホームページをお持ち方のご紹介です。(五十音順)
コメント:NON

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Quikion(キキオン)「■■弦と蛇腹の夜〜Quikion■■」
http://homepage2.nifty.com/fhifan/

私の姪っ子がキキオンの友だち(鬼沢出身)の友だちで、そんなひょんなことからルインズを弘前に呼ぶときに彼らにも出演してもらいました。その時初めて会いました。東欧ぽい、いい香りのするバンドです。その時のライブでは、私の曲もキキオン・バージョンで3曲(ホーム・あふれる・ほいかん)歌わせていただきまして、とても新鮮でした。佐々木さんには"ie"の録音にもその直後のライブにも参加してもらいました。高校の頃、NON BANDのコピーもやってらしたというありがたいお方です。お酒強いすね。佐々木さん以外のお二方には1回しかお会いしてないはずなのに、みなさんなんだかとても近しく感じるふしぎなご縁です。
また共演してください。

------------------------------

灰野敬二「灰野敬二 魂を操る司祭」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~haino/

むかーし、なんでだったか会って何を話したかも記憶にないのですが、吉田くんが声かけてくれた例の20分ずつのライブイベントで再会して、またそれからしばらく経ってから弘前に来てくれて、と20数年の間にあったのは数回だけなのですが、恩人です。
「(音楽活動を)休んでるのも続けてるってことなんだよ」とくれた言葉がほんとうに励みになりました。弘前に吉田くんと彼を呼んだとき、私は即興に参加する気はなかったのですが(即興音楽の経験も少ないし)、「楽しめばいいんだよ」と言ってくれて、ほんとうに楽しかったです。だから他の人と即興をするときも、そんな感じを伝えられたらなあと思います。
集中の美しい人です。錬金術師が空気を分けて歩みます。

------------------------------

吉田達也「magaibutsu limited」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~ruins/

1990年ですか、高円寺の20000Vで彼がやった企画がおもしろいもので、6人のミュージシャンが20分ずつのパフォーマンスをするのでして、電話で参加しませんかと誘われてびっくりしました。しばらくぶりにベースをしょって電車に乗り、友だちに子どもを預けて、その当日に初めて会いました。その日は灰野さん、とうじ魔とうじさん、ホッピー神山さんなども出てみんなそれぞれとても面白かったです。吉田くんのソロはたまげました。ルインズを弘前に呼んだときは、お客を集めることができず、申し訳ないことをしました。彼とも数回しか会っていませんが、さらっと続けるマイペースで続けるパワフルさを見せてくれるし、何より20000Vへの出演は刺激になったので、彼も恩人です。
あ、青汁を教えてくれたのも吉田くんです。岩手出身です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

年明け東京ライヴでも共演する方々です。(※佐々木絵実 from Quikion)
NONさんが「必見」とおっしゃるからには必見に違いない。

みなさま、世界は、広いのです・・・(溜め息)。

(次回更新予定日 11/8)
[PR]
by nonband | 2007-12-05 21:48 | リンク集 | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
はじめに
ライヴ情報
活動報告
音源情報
NONukesTなどの物販
ライヴ映像・音声
レヴュー記事
バンド経歴
インタビュー
NON BAND Q&A
SONGS
OLD PHOTOS
OTHERS
リンク集
管理人より
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のコメント
ありがとうございます!!..
by 爆睡ベイビー at 23:08
BBさま、定形外の方が安..
by nonband at 17:41
BBさま、了解しました☆..
by nonband at 07:44
BBさま、ご注文あり..
by nonband at 12:49
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
> Wさま お返事遅く..
by nonband at 19:50
Kさま ありがとうござ..
by nonband at 06:35
Iさま、お返事お送りいた..
by nonband at 19:31
うわぁ、びっくりです!!..
by nonband at 19:42
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO&#39;S RE..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧