<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
勝手にNON日記 3
こうして、継続を強いられる作業をしていると必ず直面する問題がある。

マンネリ。持続力の低下。エトセトラ。

しかしこのような状態に陥ったとしても
「まあなんてことはないのだわよ」と言い放つ(イメージ)、
そんなおおきなやわらかい空気で包み込んでくれるNONさんであるからして
ブログやろう。と、なりました。

ええ、ネタがないわけじゃないのですよ。
準備が追い付かない亀(管理人)なだけです。

☆更新予定日変更のお知らせ☆

12/1

--------------------

お詫びにおもしろいことを言います。
回文俳句を作りました。

閑散の 中に何かな? ノンさんか!
[かんさんの なかになにかな のんさんか]

解説:ああ、寂しい、がらんどうだ・・・このままでは寂しくて死んでしまう・・・
   あ!あそこになにかが!
   ああ!NONさん!・・・まるで日だまりのようだ。

感想お待ちしております。ちゃお!
[PR]
by nonband | 2007-11-30 14:55 | 管理人より | Comments(2)
ライヴが見れますよ 1
You tube:http://jp.youtube.com/watch?v=e-vbprE-V4E

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

AOMORI GOLDEN TRIANGLE  blue forest forever』(2006年9月)

 青森県弘前市で行われたNON参加イベントの模様です。
 ※DVD販売中→http://nonband.exblog.jp/7458805/

--------------------------------------------------

グループ展『ARTERY TEMPO 動脈拍展』(2002年8月)

 画家、坂本智史氏の絵の前での即興ライブの模様です。
 (共演:石田ハジメ・凝座・中嶋幸治・宮本力・角田聡)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ARTERY TEMPO 動脈拍展』ライヴの詩

 NON「美術展だったので、敬愛するアーティストのイメージを言葉にして、
    即興でやってみたのです。楽しかった。」

--------------------
エゴン・シーレ
骨に意識が のっている
はがそうとすると ひりひり痛む
一秒 一日 生きるのに
けっきょく 必死
どんな恰好を していても 私たちは
寒さだけではないものに ふるえる 動物だ
--------------------
ヨゼフ・ボイス
しんとして やることを 決める
決めたら なにが 起ろうと
続行して 終える
そして コヨーテは 去る
--------------------
大道あや
ひょいひょいと 酒を呑み
その姿 まるで少女
ニワトリ、犬がたわむれながらついてゆく
ささやかな山道

みょうみょうと 笑みながら
ふと イクサの絵 描き始め
老いてしょぼむ目をこする
大道あや
生きものたちが 見守っている
--------------------
ロバート・マップルソープ(メイプルソープ)
新聞に マップルソープ展の知らせ
泥を落とした 人参包む
--------------------
ジョナス・メカス
放浪の民
移民の歌
人びとの映像
強靱なこころざし

失われた故郷
それでも咲く花
失われたくに
それでも踊られる踊り

あちこちから町へ
生きるために集まる人びと
記憶からあふれ出る景色が
方々から彼のレンズを呼ぶのだ
--------------------
トーテムポール
伝えられた記憶を刻む
前の 前の 前の 前から
伝えられたまことをしるす

まだそこに立っている
高く 高く 高く 空へのびて
朽ちて傾き 倒れる その日

どこからか
生えてくるのか
トーテムポール
--------------------
大野 一雄
腹を、腸を、忘れるべからず
--------------------
信楽青年寮
展覧会に行った 信楽青年寮の
展覧会に行った 信楽青年寮の
ジャージをいっちょーらの背広に着がえた
セーシンハクジャクの
にーちゃんおいちゃんたちの
展覧会に行った 信楽青年寮の

ぐにゃぐにゃの陶器
しわしわの手漉き紙
てんてんてんの版画

ぐにゃぐにゃがきれい
しわしわがきれい
てんてんてんが細胞みたくきれい

シンケースイジャクじゃない
シンケースイジャクじゃない
セーシンハクジャクの
にーちゃんおいちゃんたちの
なんていかした展覧会
なんていかした展覧会
--------------------
棟方志功
骨・血・肉が 生きたぎり
くしゃくしゃの 顔で
息 吐き 吸うて
線となる
私は 遣い
--------------------
久渡寺の主より
木の葉から ゆるやかに
弧を描き 降りてくる
雨の粒子
しずかに しずかに さらさらと
わたしのからだにも
そっと着地

明りをさえぎる 茂みを抜けて
まちの空にかかる 虹を見た

人の集うて 住まうこと
なぐさめるように
虹は 人たちを 抱きかかえ
やがて そこここの屋根に
光がやどった

久渡寺の主より わたしへの
それは ことばでない たより。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「NONの詩の世界」は
時々どこからともなくやってくる自分の「強さ」を確認できる。
無性にありがとうと思ってしまう。前向きになれる。
これらの詩を読んで、そんな気持ちになりました。

ライヴ映像はちょこちょことアップして行く予定でっす。

(次回更新予定日 11/28か?か?30)
[PR]
by nonband | 2007-11-27 22:06 | ライヴ映像・音声 | Comments(1)
NON(本人)日記
あわわ・・・肝心の場所が抜けていました。
今のNONさんの日々はこちらです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

画房女日記
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/taiheiyogabo

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

リズミカルで独特な表現が心地いい。写真も素敵です。
[PR]
by nonband | 2007-11-27 21:42 | リンク集 | Comments(0)
追加決定
1月11日のライヴ『NONがきた:バラードから爆音まで』の共演者に

玉垣ミツル(NON BAND) 追加決定!
[PR]
by nonband | 2007-11-26 00:56 | ライヴ情報 | Comments(0)
青森でNONと共演した方々をご紹介。
ホームページをお持ち方のご紹介です。
知る限りの印象を少し添え。(五十音順)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

石田ハジメ「楽器のビートルーズ」
http://betrues.web.fc2.com/sub1.html
☆音が出るものすべて愛する楽器屋さんという気がします。
 おそらくビールがあれば無敵に違いありません。
------------------------------
角田聡
http://www.myspace.com/satoshikakuta
☆「AOMORI GOLDEN TRIANGLE」等、VJとして登場。
 淡々と笑顔、という印象です。よく坂本智史氏が物真似しています。
------------------------------
コスモス「コスモスのウェッッッッッブサイト」
http://sound.jp/cosmos777/index.html
☆変態ダメバンドと言いながら(変態ではありますが)ダメではなく
 きっと、美しい姿勢、そして物語を持つバンドです。
------------------------------
坂本智史
http://www.myspace.com/maxoputer
☆画家。作品だけじゃなく御本人も宇宙。むしろ彼こそ宇宙。
 超自然芸術を研究しています。(本人談)
------------------------------
SPAGHETTI BOYS「SPAGHETTI BOYS website!」
http://id24.fm-p.jp/41/spaboys/
☆一度しか拝見したことがありませんが、ふんわりした空気でいながら
 キュッと引き締まるのが気持ち良かったバンドです。
------------------------------
中嶋幸治(JINKO)「REPORT.1」
http://jinko2.exblog.jp/
☆現代美術家。独特の雰囲気を持った方だなぁとお見受けしました。
 核をもろ出しにしないスタイルという感じのスマートガイ。
------------------------------
ふきた「ふきたweb」
http://sound.jp/fukita/
☆『Popland off gallery』のVo、Gとして東京で活動後、帰郷。
 彼の歌は「人間」です。暑苦しいほど「人間」で、時々動悸がします。
------------------------------
福士正一「オドラデクの心配事」
http://blog.goo.ne.jp/shochan-dance
☆暗黒舞踏家。オドラデク道路劇場主宰。
 気が付くとそこにいる。あなたの近くで踊っている。うわっ。
------------------------------
MAJIO「majio page:マジオページ」
http://www5d.biglobe.ne.jp/~MAJIO/
☆絵描き。鑑賞側の感情が染み込んで行く不思議。
 いろいろな色を付けた空気が漂う。ライヴペイントは圧巻です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界には、才能が溢れてしまっていて大変です。
ここ青森でさえこうなのだから、全世界を見るとなると、、

立っていられないと思います。(いろいろな意味で)

これらのパワーが自然に集まったのかと思うと不思議でなりません。
おもしろいなぁ。

(次回更新予定日 11/27)
[PR]
by nonband | 2007-11-25 22:00 | リンク集 | Comments(0)
上京ライヴ決定です。
2008/1/11(金)
『NONがきた:バラードから爆音まで』

 --出演--
 NON(NON BAND) with 
 灰野敬二・吉田達也・佐々木絵実(キキオン)
 山岸麒之介・玉垣ミツル(NON BAND)
 !NON BAND オリジナルメンバー集結!
----------------------------------------
 開場18:30 開演19:00
 前売\2500 当日\2800(1drink付)
----------------------------------------
 東高円寺U.F.O.CLUBhttp://www.ufoclub.jp/
 東京都杉並区高円寺南 1-11-6 ハーモニーヒルズB1F
 営団地下鉄丸の内線東高円寺駅下車徒歩3分 JR高円寺駅下車徒歩20分
 青梅街道と環七通りの交差点(高円寺陸橋)ファミリーマートB1F
 03-5306-0240
----------------------------------------
 お問い合わせ:テレグラフファクトリー(http://www.eater.co.jp/
        0489-24-2337

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2008/1/12(土)
『円盤ジャンボリー8』(2日目の「太鼓祭り・上」に出演)

 NON With 吉田達也
 --出演--
 小銭喜剛(ミドリのdsソロ)※和太鼓演奏
 GeGeGeGe Quartet
 手ノ内嫁蔵(from大阪)※石井モタコ(オシリペンペンズ)、
 和田シンジ(巨人ゆえにデカイ、DMBQ、キング・ブラザーズなどのドラマー)、
 留田トメ吉によるユニット
 幻燈ダンスholon(from名古屋)+asuna
 +立岩潤三(WAVE DRUMの開発者としても知られるパーカッショニスト)
 ドラびでお(from山口)※新ネタ
 ふちがみとふなと(from京都)+外山明(ds)※初顔合わせ
 optrum
 ECD+ユダヤジャズ(visualdub)
 テニスコーツ
 PUNKBOI+アナーキー吉田(ds 水中、それは苦しい)
 迎祐輔(ds オシリペンペンズ)+西村卓也(b OVERHUNG PARTY、シェシズほか)
 ホルモン鉄道(石川浩司exたま+大谷氏from富山)
 のうしんとう(from名古屋)※アコースティックセット
----------------------------------------
 開場16:30 開演17:00 (出演時間未定)
 前売1日券\2000 当日¥2.500
 3日間(11〜13日)通し券\5000(各日ドリンク別)
----------------------------------------
 渋谷O-NESThttp://www.shibuya-o.com/
 渋谷区円山町2-3-6F
 03-3462-4420
----------------------------------------
 前売りチケット販売:ローソン(Lコード 31669)・円盤店頭・渋谷O-NEST
 メール予約も以下で受け付けます:info@enban.org (日にちと人数と名前を明記)
 お問い合わせ:円盤(http://www.enban.org/
        03-5306-2937

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

東京ってゴージャス。と、思ってしまう。
だけど青森もゴージャスね。
きっとどこもゴージャス。
集結するともっとゴージャス。(ゴージャス何回言うんですか)

場所は人。

見たいなぁ・・。

(次回更新予定日 11/25)
[PR]
by nonband | 2007-11-23 20:44 | ライヴ情報 | Comments(0)
勝手にNON日記 2
私(管理人)は今のNONさんしか知らない。
ですので。多めに、大幅に、多めに見てもらって発言をしています。
モノ書きのプロでもなければ、音楽社会を見たこともない。
なのに、伝えたいことだけはあって。
まぁ、前回の記事に間に合わなかったってだけなんですけど・・・
タイミング、ずれまくりですがなにかー。なにかー。

久しぶりに聴いた生歌の模様をアーーーーーーップ!
c0147522_21212450.jpg

はい、テンション上げました。
震えたんです。実際。この人好きになって良かったなぁと思いました。
地元ミュージシャン(という得体の知れない表記で申し訳ないです)の「ふきた」と
デュエットもしております。
c0147522_21213519.jpg

音楽家、と言い切るのはアレだと思いますが
どこにいても選ぶのは鑑賞する側であって、感じるのもそれぞれ。

だから、あぁ良かったなぁ・・NONさんの歌聴けて良かったなぁ・・。
と、思います。

この日は結婚祝賀会での「祝いの歌」として
『Quiet Song』『家』の2曲を歌いました。
その後の即興デュエット。

場所などなく、歌える所で歌う。
と言う、NONさんの歌を、聴きたいと思うのです。
[PR]
by nonband | 2007-11-22 21:37 | 管理人より | Comments(5)
ソロ作品のこと
2002年10月発売。 
c0147522_21192451.jpg
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ie \2500(税抜)
 OZD-087 発売元 OZ DISC

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

--収録曲--
01. Immigration
02. Vagabond
03. CHILE ・魚
04. O.K.Love Song
05. あふれる
06. お金をくれたKどん
07. 善でも悪でもない精霊
08. 家
09. Quiet Song
10. ひまわり

全作詩作曲 ノン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

--参加メンバー--

ノン(ボーカル、ベース)
山岸騏之介(ギター、ブズーキ=民族弦楽器、バイオリン)
玉垣満(ドラム、パーカッション)
佐々木絵美 from キキオン(アコーディオン、グロッケンシュピール etc.)
吉田達也(ドラム、ダルブッカ=民族打楽器)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回の勝手にNON日記で書いた、久しぶりのナマウタ。
「Quiet Song」は大好きで、割といつ聴いてもトキメク。
聴き手のタイミングを選ばずいつでも聴こえ、結果ユラユラ。
再発された音を聴いたあと、また聴きたくなった、この『ie』。

(次回更新予定日 11/23)
[PR]
by nonband | 2007-11-21 21:21 | 音源情報 | Comments(0)
勝手にNON日記 1
先日、NONさんの歌を久しぶりに生で聴いた。

「久しぶりに生で」と言える辺り、相当幸せ者、と思う。

こうして今も歌っている。おそらくずっと歌っている。
そんな人を見れること事体、幸せなことだ。個人的背景からふと・・私の青春時代である90年代音楽・・・当てはめてみても「生で」聴ける機会はそうそうない。いや、ないね。限りなくないです。いや、あるか。どっちだ。

このブログ、始めたばかりですが参ってます。
80年代のような熱さが厚みが、今はないように感じてしまう。「自由」という意味や使い方が少し違うような気がしてならない。うまく表現できないもののなんとか伝えようと思うことその1、私達の年代の人に聴いてもらいたいなぁ。説明はしたくない。ただ、聴いてみればいいのに・・・。と、今は思う。こうして歴史を知るにつれ、そのオモイは強くなる。今には今の素晴らしさがあるのだろうし、今と昔などという線引きもわからない、何が素晴らしくて何がダメなのか、などとグルグル。

いいから聴け!と自分に言う。それでいい。それでいいか。

ともあれ、ますますグイグイ生きているNONさんを見るのはとても楽しい。
[PR]
by nonband | 2007-11-19 20:10 | 管理人より | Comments(0)
NON(NON BAND)−80年代から「ie」まで−
80年代初頭のパンク・ニューウェーブ・シーンに躍り出た女性ロッカー達の、先頭に立って突き進んだNON BAND。短い活動期間だったが、そのオリジナリティと躍動感にあふれるサウンドとステージは、忘れられない印象をシーンに残した。

そのNON BANDのノン(保坂則子)は現在、故郷の弘前に住み、地元での音楽活動を着実に続けている。2000年には17年ぶりにオリジナルメンバーによるNON BANDのライブを東京で行い、さらに2002年秋には全曲新曲による初のソロアルバムをリリース。現在進行形のノンの豊かな歌の世界を伝えている。

■■■■■■■■■■■■
 NON BAND in 80's
■■■■■■■■■■■■
東京ロッカーズの時代の1979年、ノンはベーシストとして、後のオートモッドのジュネとともに「マリア023 」を結成。ドラマーとしてテイユウ(後のじゃがたら)も加入し、サイケデリックでグラムなロックで異彩を放った。たが、ジュネとの強烈な個性のぶつかり合いから、ノンは脱退。マリア023 はその後、OTO (後のじゃがたら)等が参加し、ゴジラレコードからシングル盤をリリースした。ノン在籍時の音源は、ゴジラレコードのオムニバス・アルバム「CRACK!」(徳間ジャパン)に収録されている。

79年夏の新宿ロフトでの伝説的イベント「DRIVE TO 80's」に、ノンは飛び入りで参加。ベースの弾き語りで数曲歌い、強烈な印象を残した。

その秋にはドラムのケイコとともにNON BANDを結成。女のパワーを炸裂させたステージで注目を集めた。その後、ギターが加入するなどメンバーチェンジを繰り返し、その間にオムニバス「都市通信」に参加、またソノシート「NON BAND'in LIVE」をリリースしている。

81年にバイオリンの山岸騏之介、ドラムの玉垣満とのトリオとなり、バンドとしての形が固まってからは、その個性豊かな音楽性と、ノンの自由でのびやかなステージングで、シーンを代表するバンドのひとつとして、高い評価を得ることになる。

1982年にテレグラフ・レコードから25センチのミニ・アルバムをリリース。インディーズのベストセラーとなった。リリース後のツアーでは、クミ(ボーイズ・ボーイズ/モンスター・ビーチ・パーティ)とミツワ(S-KEN /東京ブラボー)の二人が参加。女三人が並ぶフロントのパワーは圧倒的で、一段とスケールアップしたステージが展開された。夏のツアーでは大坂城野音のイベントで、P-MODEL 、町田町蔵等と共演。知名度では劣るNON BANDがトリに登場したため最初は戸惑っていた観客も、次第にそのエネルギーに動かされ、最後は熱狂的な盛り上がりをみせたのだった。

実力とともに人気も上昇し、これからの活躍が期待された矢先、そのツアーを最後に玉垣満と山岸騏之介が相次いで脱退。メンバー間のコミュニケーション不足が原因と思われるが、新メンバーの参加もなくバンドはそのまま自然消滅してしまう。NON BANDの絶好調期での活動停止は、東京の初期インディーズ・シーンの最も大きな損失だったといっていいだろう。

■■■■■■■■
 NON in 弘前
■■■■■■■■
NON BAND以降、ノンはソロでのライブ、モギエミコ、森イクエとの「福娘」のセッション・レコーディグ、NAM への参加など、断続的に音楽活動を続けていたが、95年に故郷の弘前に帰り、実家の仕事を引き継ぐことに。家業の画材屋の仕事と、二人の子供の世話に忙殺される中、再びベースを持っての弾き語りを、地元のライブハウスや反原発のイベントなどで行うようになる。

99年5月には、灰野敬二と吉田達也を呼び、初めて地元のライブ・ハウスでライブイベントを開催。ノン自身もベースの弾き語りで参加し、灰野、吉田とのセッションも行った。世界のオルタナティブ・シーンの第一線で活躍する二人を相手に、一歩も引かずに自分の世界を表現したノンは、新たな音楽的可能性を示したのだった。

このイベントを機に、ノンは音楽活動を本格的に再開。翌2000年1月には、東京で山岸騏之介、玉垣満とともに17年ぶりとなるNON BANDのライブを行った。翌日には、灰野、吉田とのセッションも再び行い、さらにその音楽世界を深化させた。その年の夏には、ルインズ、キキオンを呼んで弘前で再びライブイベントを開催。その後は、地元のミュージシャンとユニットを組んで定期的にライブを行っており、新しい曲も増えている。

そして2002年1月、NON BANDのメンバーや吉田達也の参加を得て、NON BAND以降の曲を収めた、初のソロアルバムを完成させた。今生きているこの日々を大切にしつつ、ほんとうの豊かさを求めて歌われた彼女の歌は、心の深いところにまで、時に力強く時に静かに、伝わってくる。

(テレグラフ・ファクトリー 地引雄一)

■■■■■■■■■■■■

(次回更新予定日 11/21)
[PR]
by nonband | 2007-11-19 19:29 | バンド経歴 | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
はじめに
ライヴ情報
活動報告
音源情報
NONukesTなどの物販
ライヴ映像・音声
レヴュー記事
バンド経歴
インタビュー
NON BAND Q&A
SONGS
OLD PHOTOS
OTHERS
リンク集
管理人より
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のコメント
Iさま、お返事お送りいた..
by nonband at 19:31
うわぁ、びっくりです!!..
by nonband at 19:42
フリクションの1981年..
by bonitoflake at 12:11
うわぁ!こんな写真をいつ..
by nonband at 20:59
あ、これです。 h..
by bonitoflake at 23:01
新宿ロフトでのオフショッ..
by bonitoflake at 22:54
Kさま、先日メールしまし..
by nonband at 20:39
Kさま コメントありが..
by nonband at 19:40
1月にいろいろご注文くだ..
by nonband at 11:46
iさま そうでした..
by nonband at 08:44
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO&#39;S RE..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧