カテゴリ:音源情報( 14 )
NON baNdアナログ再発について
私はびっくりしました。もちろんメンバーも。

見もしらぬドイツの方からの、地引さん(テレグラフレコード)を通じて届いたひとつのメールから、今回の再発は実現にたどり着きました。とてもとても嬉しいことです。

ろくに楽器を弾けないコードも知らない、歌だってうまくもなんともないながら、好きだから続けてきてよかったなぁとホント思います。

ひょんなきっかけからNON BANDを知り、つてを辿ってオリジナル盤を入手してくれたTALのStefan Schneider、そして実現に向けて協力してくださったMiki Yui、ベルリンのCalyx Mastering(Bo Kondren)をはじめ様々関わってくれた方々に感謝します。

c0147522_22425124.jpg


以下、プレスリリースのオリジナル英語版と日本語訳を載せておきます。

NON BAND NON BAND Album Re-issue Vinyl / DL TAL 04 International Release Date : April 07 2017 Worldwide Distribution MORR

History of NON BAND

The Japanese punk rock movement known as Tokyo Rockers began in the summer of 1978. It incubated an independent music culture as well as a host of fascinating, individualistic musicians. One of the more striking units was the male-female duo Maria 023. NON played bass for them, and it was here that she first attracted attention. However, Maria 023 was short-lived, and NON would not reappear until the following year, August 1979, on stage at the legendary concert event "Drive to 80s". Her unbilled performance at the event consisted of several songs for solo bass and vocals, and her combination of intensity and a distinctly female emotionality made a striking impression. In the months that followed, NON continued to play solo and she became a pivotal presence among the female rockers on the scene at the time.

Finally she shifted from solo to group performance, and formed NON BAND. After several member changes, the line-up stabilized into a unique trio with Kinosuke Yamagishi on violin and clarinet, and Mitsuru Tamagaki on drums. It was with this line-up that the group reached a musical peak.

At the same time, the Japanese punk and new wave rock scene was moving in a new direction, as a second generation of artists appeared and mushrooming independent labels began to play an increasingly important role. I myself started a label called Telegraph Records in 1981 and worked hard on record releases and building a distribution network.

Since starting the label, I had wanted to release a record by NON BAND. There were many vicissitudes before it could happen, but in February 1982 NON BAND's first album was released as a 10-inch LP on Telegraph Records, the label's fifth release. In the early Japanese indies scene, if a release sold 1000 copies it was counted as a significant success. The NON BAND album went through several repressing and sold 2000 copies. The album was a hit and the band's critical reception and popularity suddenly took off.

The shows that followed the release of the album were given a boost by the addition of two female rockers, the guitarist Kummy and keyboard player Mitsuwa. The group was reaching a real musical peak and everyone expected more great developments, but just six months after the release of the album the group would grind to a halt. Members quit the band one after another, and with no possible replacements to be found, NON herself faded away from the scene.

NON BAND's career in the early Japanese indies scene was thus short-lived. But their sole album was reissued twice on CD, and remained popular with listeners. However, the group's history was to have a second chapter.

NON ended up returning to her hometown, snowy Hirosaki in the far northern prefecture Aomori. There she raised two children and took over the running of the family business, an arts supplies store. Her thoughts turned once again towards music, and in 1999 she took up her bass again and began to sing. She invited two fabulous musicians, Keiji Haino and Tatsuya Yoshida, to Hirosaki, and performed together with them as well as solo. This marked the beginning of a new phase for her, and she played live in Tokyo and released a solo album, "ie". She got back in touch with Yamagishi and Tamagaki and reformed NON BAND. They added Emi Sasaki on accordion and began to play a handful of gigs each year, bringing a mature depth to their undiminished power and dazzling a new generation of fans. In 2012 the group released an album of recent live performances entitled " NON BAND Liven' 2009-2012". I released the album on the newly reanimated Telegraph Records.

NON still lives in the north, in Hirosaki. The city is famous for its summer Neputa festival. The first track on this album, "Duncan Dancin'" is almost a theme song for NON BAND, but its rhythm is taken from the ohayashi music that is performed in this festival, as large floats and troupes of dancers wind their way through the streets. The title refers to the legendary dancer, Isadora Duncan. The image perfectly represents NON herself: Isadora Duncan dancing to the earthy rhythms bubbling up out of the north land.

Nov 9, 2016 Jibiky Yuichi (Telegraph Factory)
--------
I discovered NON BAND at Forever Records in Osaka in February 2016 while I was on a short tour in Japan. Satoru Higashiseto the shop manager introduced me to a book entitled „Dokkiri“ which is a well-researched publication on the history of Japanese underground music from 1976 to 1989 along its political and social backgrounds. The self-titled album of NON BAND (originally released in 1982 on Telegraph Records) is only shortly described in the book but somehow the unusual and attractive artwork and the obscure band name somehow immediately grabbed my full attention. On the Internet I could only find two of its songs: "Duncan Dancin ́" and "Dance Song". Both of them sounded so unique and the productions skills seemed so different from anything else that I had heard from that period. After a number of well-spirited emails with singer NON and Jibiky (Telegraph Records), plans grew to reissue this wonderful production for the first ever time on vinyl and also on digital formats. The mastering and restoration process was overlooked and carried out by the experts, Calyx in Berlin. Since the original tape was not available anymore the reissue was actually mastered from a vintage mint copy, which I was lucky to find on Discogs. In order to achieve a meticulous sound quality we decided to cut the reissue version on 12" vinyl instead of original format of 10“. We reproduced the original cover artwork and added liner notes by Jibiky with unpublished photos of NON BAND.

We are absolutely excited to present this truly outstanding music to curious contemporary audiences. Düsseldorf 2017 Stefan Schneider

Further Information tal@talmusic.com

NON BAND re-issue concert on April 09 2017 at Akihabara Club Goodman



NON BAND NON BAND Album Re-issue Vinyl / DL TAL 04 リリース : 2017年 4月7日 ディストリビューション MORR

HISTORY of NON BAND

1978年の夏に始まった”TOKYO ROCKERS”と呼ばれる日本のpunk rock movementは、その後の independent music cultureの母胎となり、様々な個性的で魅力あふれるミュージシャンを生み出した。その中で もひときわ目を引く男女デュオのユニットMARIA 023のべーシストとして、NONは私達の前に登場した。 しかし、MARIA 023としての活動は短く、次に彼女が姿を見せたのは翌1979年8月に行われた伝説的なイベ ント”DRIVE to 80s”のステージだった。飛び入りで演奏したNONはベースの弾き語りで数曲を歌い、その女性 ならではの情感と激しさの混在したパフォーマンスは大きなインパクトを残した。これ以降、NONはソロでのラ イブを重ね、おりからのfemale rockersの台頭の中で、その中心的な存在となっていく。やがてNONのパフォー マンスはソロからバンド形態へと発展しNON BANDが誕生、何回かのメンバーチェンジの後、1981年にはバ イオリンとクラリネットの山岸騏之介、ドラムスの玉垣満 との異色編成のトリオとなり、NON BANDの音楽性 がひとつの到達点に達した。

ちようどその頃、TOKYO ROCKERSに始まった日本のpunk/new wave rock sceneは新しい局面を迎え、第2 世代への移行とともに続々生まれたindependent labelが大きな役割を果たすようになっていった。僕自身も 1981年にTelegraph Recordsというレーベルを始め、レコードの制作や流通網の拡大に努めていた。NON BANDのレコードを出したいというのは、僕がレーベルを始めた時からの希望だった。翌1982年2月に Telegraph Recordsの5枚目の作品として25cmLPという変則的な形態でNON BANDのファーストアルバムはリ リースされた。1,000枚売れれば大成功という初期のindies sceneの中で、NON BANDのアルバムは再プレス を重ね、2,000枚を完売。NON BANDの評価と人気は急上昇していった。リリース後のライブでは、三人のメン バーに加え、初期のパンクロック・シーンで活躍していたKUMMY(guitar)とMITSUWA(keyboard)の二人の女 性ロッカーが参加し、さらにパワーアップしたパフォーマンスで観客の心を捉えた。NON BANDの活動はひと つのピークを迎え、さらに大きく発展していくものと誰もが期待していた。 しかし、アルバム発売からわずか半年で、NON BANDは活動を停止してしまう。バンドメンバーが相次いで脱 退、代わりのメンバーを見つけられないまま、NON自身もシーンの表舞台から遠ざかっていったのだった。

日本の初期のindies シーンを彩ったNON BANDは、こうして短期間でその活動を終えたが、彼等の残した アルバムはindiesの名盤としてその後二度にわたってCD化され、長く聞き続けられてることになる。

NON BANDの歴史にはしかし、第二章が存在する。NONはやがて、生まれ故郷である日本の東北地方、 雪深い青森県弘前市Hirosakiに帰り、その地で家業の画材屋を継ぎ、二人の子供を育てる。そんな生活の中 でも音楽への思いは再びつのり、1999年再びベースを手に歌い始めるのだ。弘前へ灰野敬二と吉田達也 の 二人の素晴らしいミュージシャンを呼び、彼等とのセッションやソロでのパフォーマンスを行ったのを契機に、 東京でもライブを行い、ソロアルバム「ie」を発表する。その過程でかつての黄金期のメンバーだった山岸と玉 垣が再び集い、NON BANDは復活を遂げたのだった。アコーデオンの佐々木絵美 を加え再生したNON BANDは年に数回のライブを重ね、変わらぬパワーに円熟した深みが加わり、若い世代の観客をも次第に惹 き付けている。2012年には最新のライブ演奏を集めたアルバム「NON BAND LIVEN’ 2009-2012」を、同じく 活動再開したTelegraph Recordsからリリースした。

今もNONは故郷である北国・弘前に住み続けている。弘前では毎年夏に開催されるねぷた祭りが名高い。こ のアルバムの一曲目に収められている曲「DUNCAN DANCIN」はNON BANDのテーマソングのような曲だ が、そのリズムはNEPUTA祭りで大きな山車や踊り手が練り歩く時に演奏される音楽、お囃子から取られて いる。タイトルのDUNCANとは伝説的ダンサーISADORA DUNCANのことだ。北国の大地からわき出すよう な土着的な祭のリズムに乗って踊るISADORA DUNCANとは、まさしくNON その人のイメージに他ならない。 2016.11.9 地引 雄一JIBIKY Yuichi (Telegraph Factory)
----------------------
2016年2月にコンサートで日本に滞在した際、大阪のforever recordで東瀬戸悟氏から一冊の本を紹介し てもらった事をきっかけに、私はNON BANDと出会った。『Dokkiri』というその本は、綿密なリサーチをもとに、 1976年から1989年までの日本のアンダーグラウンド音楽を政治的、社会的バックグラウンドを含めて紹介して いた。中でも1983年に同名のアルバムをリリースしたNON BANDは簡単な紹介だけにもかかわらず、その 個性的なアートワークとバンド名がひときわ眼をひき、私は直ぐに興味をもった。インターネット上でみつけら れた“Duncan Dancin ́" と "Dance Song"の2曲はその音と手法がユニークで、私が今まで聴いて来た同時代の 他のバンドには無いものを感じ、すぐにその 魅力に圧倒された。

NON さん本人と初版のリリースをした Telegraph Records の地引雄一氏との好意的なメイルのやり取りを経 て、このアルバムを私のレーベル TAL から ヴァイナルとデジタルで 再発する事を合意した。再発に際して、 マスターテープの保存状態が危ぶまれたため、 Discogs で最後の一枚の オリジナルの新品のレコード盤を 見つけ、 ベルリンのマスタリングスタジオ Calyx の専門技術の助けを借りてレコード盤から直接デジタル化し、 オリジナルに忠実なマスタリングと修復が行われた。初版のリリースは10“ だが、音の深みを考慮して、再発 は12“ にした。カバーアートワークはオリジナル盤を忠実に再現し、地引氏によるライナーノートと未発表の 写真を添える事にした。このような形でこの貴重なアルバムを現代のリスナーにお届けできる事を本当にうれ しく想います。 デュッセルドルフ 2017年 シュテファン・シュナイダー (TAL)

お問い合わせ tal@talmusic.com
NON BAND 再発記念コンサート 4月9日 秋葉原 クラブ・グットマン !
[PR]
by nonband | 2017-03-15 21:52 | 音源情報 | Comments(0)
NON SOLO+Song Bookの録音・出版データです。
Song Bookの末尾に載せているのですが、こちらにも参考までに。

-CD-

All songs written by NON
All songs played by NON(except 1.&14.):Fender Mustang bass,vocal

1.&14. Chorus & Angklungs by "ALL AOMORI SURVIVERS" :
秋葉村長 渋谷寿喜 shingocrastar てるり(MASCA) NAO ピロコ
みく ヨーコニー・ラヴ(五十音順)

16. Specially amplified by DAICHI TAKASUGI

Recorded at ROBBIN'S NEST,Hirosaki (except1.&14.) 2014/08/20&27
1.&14. Recoreded at Sakurabayashi camping park,Hirosaki 2014/08/22

Recorded by DAICHI TAKASUGI (Vernacular Mobile Production)

CD designed by 四方康友


-SONGBOOK&STICKER-
Songbook:handwriting and illustration by NON
Sticker: original wood engraving by NON

Layout by Office Yume
Printed by スガワラ印刷

c0147522_13344552.jpg

(photo by Daichi Takasugi)
[PR]
by nonband | 2015-04-15 13:37 | 音源情報 | Comments(0)
歌詞集つきCD"NON SOLO"販売開始です
歌詞集つきCDがようやくできあがりました。

一昨年、NONukesTシャツが大阪のライブハウスに着いたのと同様、今回もぎりぎり滑り込みで歌詞集は三崎のsolに届きました(後で思うと3分の2は弘前に送ってもらえばよかった、とはあとのまつりw)。
初めて自分で思いついて作ったCDですが、録音も印刷もとにかくわからないことだらけで、高杉大地くん、スガワラ印刷さん、CDデザインの四方康友さん、歌詞集レイアウトのOffice Yumeさん、そしてコーラス隊の面々など、様々な協力がなければ実現できませんでした。
バンドでのプレイとちがい、ミスだらけのベースに乗せた地味な歌たちですが、よかったらぜひ聴いてください。

以下いぬん堂さんのサイトからコピペの無精者ですみません。

-------------------------------------------------------

CD「NON SOLO」+NON SOLO Song Book

最新スタヂオ録音盤+歌詞集+ステッカーです。ほとんどの曲がベース弾き語りですがかなり心地よいです。全て弘前での録音です。
NON SOLO Song BookはA5判46P、47曲分の歌詞&本人によるイラスト入り。(2014年作品。自主制作)

1.EARTH SONG
2.HOME
3.ie
4.SEINENRYO
5.QUIET SONG
6.あふれる
7.PANDORA
8.ひまわり
9.qu'est-ce quil ya
10.VIBRATION ARMY
11.WELCOME SONG(for NANAO)
12.大道あや
13.ソランジュのリキュール
14.ほいかん
15.WILD CHILD(can't stand it)
16.善でも悪でもない精霊
17.おはよう

--------------------------------------------------------

CD・歌詞集・ステッカー(当初のは歌詞集の表紙にこの版画を使うつもりでしたが、違うところに自由に貼ってもらえるのもいいなと思ってステッカーにしました)の3点セットで¥2000です。なるべく買いやすい値段にと、ちょっとがんばりました(ご協力あってこそですが;)。

c0147522_17511234.jpg


現在のところいぬん堂さん(メール便だと送料無料!)に流通をお願いしているほか、三軒茶屋フジヤマさんと新宿ゴールデン街の裏窓さんにも置かせていただいてます。
もちろんNONukesTシャツ同様、このブログでのご注文(非公開コメントで)もお受けします。定形外かメール便かいずれかの送料は別で、郵便局の振込用紙を同封します。サインのご希望があればその旨お伝えください、よろこんでいたしますので!

あちこちで歌いながら手売りできればなぁともすごく思います。
本州北端の県に暮らしているし何日もの休みは今年はもうとれないけど、可能な場合はぜひそうしたいので、なにかお誘いあればお声をかけてみてくださいね。

--------------------------------------------------------

10/4三崎sol、10/5UFOclubのライブはおかげさまでぶじ終了しました。いらしてくださったみなさん、出来たてホヤホヤのCDを買ってくださったみなさん、本当にありがとうございました☆
(ライブの様子などはまたあらためてお伝えしたいと思います。)

きっとまた来年も、いろんなかたちで音楽をやりたいです。もちろんノンバンドも!どっかで会えたらお声かけてくださいね。

----------------------------------------------------------

今日の最後に、今回のCDのレコーディングに尽力してくれた高杉大地くん(ex.BEYONDS,SAWPIT)執筆のレコーディングレポートをお送りします。ぜひ読んでみてください。

----------------------------------------------------------

【「NON SOLO」レコーディング・レポート】

NON BANDは自分が中学時代から影響を受け愛聴してたバンド。ライブは一度も見た事無かったが現在までも聴き続けてきた数少ないバンドです。
今回このプロジェクトに参加出来て心から光栄に思いました。スケジュールはかなりタイトでしたが頑張りがいがあるプロジェクトだったと思います。
自信を持ってオススメします。『NON SOLO』

【8月20日】
録り場所の弘前市ロビンズネストを4時間押さえた。
普通の練習スタジオだが1室しかないので外部の音は入ってこない。NONさんとも3ヶ月振りに再会。
機材のセッティングを色々と考えていたが結局ベースはDIから直、あとVo用のマイク1本という極めてシンプルなセッティングでiPadで24bit/96kで録音。
本人の希望でいわゆる「一発録音」なので、NONさんは立ったままベースを弾きながらマイクの前で歌う。
レコーダー回しっ放しで数曲を録音。休憩を入れながらひたすら録音。あっというまに時間が来て終了。
帰りの電車でサウンドチェックしながら帰る。
この時点で「名作の予感」を感じた。

【8月23日】
この日はキャンプ。NONさんの希望で参加者全員で野外録音をする事になったので機材とマイクスタンドなど最低限のものをリュックに詰めて会場に向かう。
当初テントを張ってのキャンプの予定だったが、大雨のためロッジを借りての強行。
山の天気は変わりやすいので降ったり止んだりが続く。機材とロケーションの心配しながら録音時期を待つ。
BBQやお酒を少々いただき夜半頃雨が上がったのでセッティング。速攻でレコーディングに入る。
小一時間で色々ありながら終了。
仙人が酔っぱらって色々と声が入ってしまうのを何とか治めるのが一番大変だった(笑)
雨後の湿気でコンデンサーマイク1本死亡。

【8月27日】
ここまで先日撮った音源のラフミックスを作っていたのだがNONさんの新しいアイディアにより再度ロビンズネストで3時間録音。
だいぶ曲数も増えテイクも前回よりいい。
録音終了後ミーティング。
販売の仕方やプレス枚数、コストの問題、どういう方向性の音にするか、などでお互いに結構悩む。

【MIX & MASTERING】
ここからは完全に個人作業。
録った音はiPadから全てMacのLogicに流し込み、ひたすらパソコンの前で一曲一曲に色付けしていく。
「色付け」と言っても過度なものではなく「いかに自然に聴こえるか」を重点的に考える。
「ベース弾き語り」など今まで一度もやった事がなかったので相当苦しんだがだんだんと形になって来る。
毎日出来上がった音をネット経由でNONさんに送り感想を聞きながら連日の直し。
しかしこういう確認作業がネット経由で出来るのは便利になったものだ。

選曲や曲順も決りあとはマスタリングなのだが、DAWをLogicに乗り換えてからまだ2ヶ月弱なので正直使い勝手がわかっていない。プラグインも32bitのものには対応してないので、以前使っていたソフトも使えないので頭を悩めながら作業を進めるのだが、納得行く音にならない。どうしても音に「優しさ」が出ない。
数日間悪戦苦闘したあげく、何気に以前使ってたDAWのCUBASE5を立ち上げてみたらなんと動いた!MacOS10.6で切り離されて途方に暮れたまま放置していたのに…。
これで以前使ってたマスタリングソフトOzoneが使える事になったので環境をこちらに移す。
以後順調に作業は進み無事終了。
盤面デザインをお願いしてた友人とも連絡を取りながらデザインは完成。

時間が無いのでマスターCDとデザインのデータを作ってプレス会社に速達で送る。翌日電話が来て「納期が間に合わない」との事。何とかお願いしてプレス工場にも無理を手配してもらう旨を交渉。何とかいけそうだ。
翌日「間に合わせる」とのメールをもらい一安心。
俺の仕事はここまで。

【最後に】
今回のプロジェクトに参加出来て本当に心から嬉しいです。キャンプも最高に楽しかったし。
多分iPadでレコーディングしたCD作品はこれが世界初だと思います。ミニマムな機材でもこれだけの作品が作れた事に自分も驚いている次第です。

NONさんに「信頼してるから音は全部任せるよ」と言ってもらえたのが、作業する上での何よりの支えになりました。
結果ものすごく「素敵」なCDが出来上がりました。
末永く愛聴して頂けたら嬉しいです。

高杉大地(Vernacular Mobile Production)
7th.Oct.14


c0147522_19575614.jpg

(キャンプの写真はナオちゃん撮)
[PR]
by nonband | 2014-10-08 17:40 | 音源情報 | Comments(2)
1980/2/15のNON BANDです
こんにちはNONです。

昨年YFさんから教えていただいた音源(動画ではないです)なのですが、元サイトがもう見当たりません。
ノン・ケン・ケイコ時代の音源はあまりないと思うので、youtubeに4曲アップしました。

録音してくださった方、存じ上げませんがありがとうございました。
教えてくださったYFさん、写真(これは吉祥寺のマイナーかな?)をいただいたコサカイさん、ありがとうございました!

①Vibration Army~HOME
http://urx.nu/2N3b

②Dance Song~Wild Child(can't stand it)
http://urx.nu/2N3f
[PR]
by nonband | 2012-12-18 13:29 | 音源情報 | Comments(0)
『EATER ‘90s / オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代』発売!!
音源情報とはいえ音源ではありませんが。
EATERのインタビューがまとめられました!
以下、"eater online”より転載です。

--------------------------------------------------------
『EATER ‘90s / オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代』発売!!

90年代のコアなカルチャー・シーンを、インタビューを中心に追求したインディーズ・マガジン『イーター』。その貴重なインタビューを再構成して、90年代のオルタナティブ・ロック・カルチャーの時代を浮き彫りにした単行本『EATER ‘90s / オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代』が、K&Bパブリッシャーズから刊行された。

日本のパンク/インディーズの黎明期を描いた『ストリート・キングダム』の続編としての性格を持つ本書は、80年代からの展開としての90年代、そして新たなオルタナ・シーンの形成と変遷を、当事者たちの言葉で活き活きと綴る。そこからはこの時代を生きた一人ひとりの息遣いが、リアルに伝わってくる。

特典としてビデオ作家ササキヒデアキ撮影のライブと映像作品を収めたDVDを添付。時代感覚を鮮明に写し取った映像は必見だ。
この本の刊行を機に、『イーター』の再スタートも決定。K&Bパブリッシャーズから、来春早々にも復活第一号を発行する予定で準備をすすめている。


『EATER ‘90s / オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代』
インタビュー集
1.ROCK SURVIVORS ~ 80年代からの長い道
 遠藤ミチロウ / 恒松正敏 / サヨコ(ex.ZELDA) / 田口トモロヲ / 戸川純

2.ALTERNATIVE TOKYO ~ 90年代オルタナシーンの形成
 大友良英 / 勝井祐二 / ササキヒデアキ / ホッピー神山 / KIRIHITO / 吉田達也

3.THE INDEPENDENT WAY ~ 生き方としてのインディペンデント
 佐藤隆史(ピナコテカ) / 蔦木栄一・俊二(突然段ボール) / 杉林恭雄(くじら) / 北村昌士

4.DEEP STREAM ~ 時代を越えて
 灰野敬二 / 三上寛 / 山崎春美 / NON

5.NOISE JAPAN ~ 世界を席巻するジャパノイズとノイズ的もの
 JOJO広重 / 美川俊冶 / 日野繭子 / 飴屋法水 / 根本敬 / 村崎百郎

6.BORDERLESS FRONTIER~ ゼロ年代への展望
 不破大輔 / ヒゴヒロシ / 大友良英 2 / 勝井祐二 2 / 山本精一

Epilogue ETERNAL VIBRATION
江戸アケミ

<特典DVD>ササキヒデアキ撮影
LIVE: 大友良英、アルタードステイツ、バズーカ・ジョー、広瀬淳二+本木良憲
映像作品 : 音楽=大友良英、加藤英樹、益子樹

地引雄一:編
装丁 : 河村康輔
発行 : K&Bパブリッシャーズ
定価:2,762円(+税)/ 判型:A5版並製 336頁
発売日 : 2012年9月28日

---------------------------------------------
不肖私(13年前)もちょこっと載っております。
ライブ翌日の仕事場で、すっぴんダハハ顔であります。
c0147522_9514465.jpg

[PR]
by nonband | 2012-09-30 09:55 | 音源情報 | Comments(0)
今回のライブ盤について
おはようございますNONです。

近く発売される「NON BAND LIVEN'2009-2012」の発売は、かなり急展開で決まりました。


ここ何年かメンバーが集まるたびに、いつか1枚は録音したいねという話になっていました。

ただ現状は、私が遠くに住んでいて長期の休みもとれないため、どんなふうにしたら可能か、ともかく考えよう方法をみつけよう、というところでとどまっていました。

今年1月、ラストワルツで演奏した時にYさんが録音してくれていて、いただいたデータの、即興も交えた演奏の中身も音質もなかなか面白かったので、私はメンバーに、「これCD-Rにしたらどうだろう?」って話をしていました。

そしたらそのうち、テレグラフの地引さんが、2009年の「Drive to 2010」と2011年の「Case of Telegraph」を録音してあるから、再開したテレグラフからライブ盤を出さないかと言ってくれました。

それでいろいろ録音を聴いて検討した結果、3つのライブから曲を集めて作ろうということになりました。

スタジオ録音となると、いつかNON BANDで録音したいと思っている曲も、新しい曲も、できればじっくり音を一緒に出して作り上げてみたい、そうするとやっぱり時間もちゃんとかけたい。

私が離れているため、たとえば東京でライブをするとなると、その前に1、2回リハーサルをするというくり返しになってしまい、いつかやりたい曲もなかなかステージに上げることができません。(そのぶん、気合で勝負になるのですが!それはそれで1回1回とてもだいじな経験になっています。)

まずは今回、最近(といっても4年にわたりますが)のライブをみなさんにお届けしたい。

前の音源からみなさんおっしゃるように30年も経っているわけですが、その間のあれこれはあまり長すぎて(笑)ちゃんと言葉にできない。でも音にならできる。

この頃は若い方たちも聴いてくれているのがとても嬉しいです。
それに、80年代からリアルタイムで聴いてくださっている方と会場で出会うことも嬉しい。
昔の音源しか知らなくて、初めてライブを見たという方も多くいらして「どうでした?予想と違ってましたか?」なんて訊きたくなる。

ライブはほんとうに生ものなので、これからどんな演奏ができるか、正直ステージに立ってみないとわかりません。気持ちはいつも、その時しかない同じ時はない、という感じです。

いつかほんとうにちゃんと曲づくりをして、今のメンバーで録音したいです。

でもまずは今度の「NON BAND LIVEN'2009-2012」が今の私たちを表していると思うので、よかったら手に取って聴いてみていただきたいと思っています!
[PR]
by nonband | 2012-06-20 08:26 | 音源情報 | Comments(0)
DISK UNIONさんでは缶バッジ☆
デスクユニオンさんのCD購入オリジナル特典は缶バッジです。
(どんなデザインかな?私もまだ知りませんが、ほしいです☆)

http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND9884
[PR]
by nonband | 2012-06-18 19:55 | 音源情報 | Comments(0)
ライブCDの詳細追加します
こんばんはNONです。

以下、EATER onlineさんからの情報を追加します。
---------------------------------------------------------------

c0147522_13593189.jpg


●テレグラフ・レコード第四弾。NON BAND 最新ライブ・アルバム完成!!

80年代初期のインディーズ・シーンを代表するバンドのひとつだったNON BANDが、2000年にNON、山岸騏之介、玉垣満の80年代当時のトリオに、キキオンの佐々木絵実を加えて再びライブ活動を始めて12年。

リーダーのNONが弘前在住ということもあって、年に1、2度の少ないライブを重ねて来たが、ここ数年の充実ぶりは素晴らしく、80年代当時を凌ぐほどのライブ・パフォーマンスを展開している。

NON BAND名義のアルバムとしては、インディーズの歴史に残る1982年のテレグラフ盤以来、実に30年ぶりとなる今回のCDは、そんなNON BANDの今の姿を伝える迫真のライブ盤だ。

昨年10月の高円寺HIGHでの『CASE OF TELEGRAPH 2011』でのステージ全曲に加え、2009年の『DRIVE TO 2000』と今年2012年1月のラストワルツでのライブから14曲を収録。

新しい世代のファンをも惹きつけ続ける、NON BANDの現在形の魅力がつまったライブ・アルバムだ。

ジャケットはノンのイラストを気鋭のアーチスト河村康輔がデザイン。
  解説、コサカイフミオ(INCAPACITANTS/非常階段)。

7月25日の発売に先立って、6月30日大阪CONPASS『CASE OF TELEGRAPH WEST』、7月1日高円寺UFOクラブ『CD発売記念ライブ』で先行発売。


『NON BAND LIVEN' 2009-2012』(ノンバンド・ライヴン 2009-2012)

<曲目>
1.DUNCAN DANCIN'
2.GHETTO
3.WILD CHILD(can't stand it)
4.SOLAR
5.DANCE SONG
6.あわのうた
7.Silence-Hi-Speed
8.Quiet Song
9.VIBRATION ARMY
10.善でも悪でもない精霊
11.HOME
12.ひまわり
13.お金をくれたKどん
14.ie

1~9 2011.10.16 高円寺HIGH 「CASE OF TELEGRAPH 2011」
10~12 2012.1.15 渋谷LAST WALTZ
13,14 2009.11.8 新宿LOFT 「DRIVE TO 2010」

<メンバー>
 NON(ノン) ; ボーカル、ベース
 山岸騏之介 ; バイオリン、ギター、アイリッシュブズ―キ
 玉垣満 ; ドラム
 佐々木絵実 ; アコーディオン、コーラス


2012年7月25日発売
TGC-035
税込定価:¥2500
テレグラフ・レコード/いぬん堂

●CD発売記念LIVE
2012年7月1日(日) @高円寺UFOクラブ open;18:30 start;19:00
前売り¥2500(+1D) 当日¥2800(+1D)
出演 : NON BAND 、マンマルマシーン 、バチバチソニック、 MASCA+SUNSHINE VILLAGE BAND
http://www.ufoclub.jp/index2.html
[PR]
by nonband | 2012-06-18 19:33 | 音源情報 | Comments(0)
NON BANDのライブCDが出ます
NON BAND LIVEN' 2009-2012

再開したテレグラフレコード第4弾となります。
いぬん堂さんより、最新情報です。
6/30大阪、7/1東京のライブで先行発売します。予約も受付中。

http://bit.ly/KNGjG1

新たな情報はまたお知らせします。
ぜひ聴いてくださいね!
[PR]
by nonband | 2012-05-27 13:30 | 音源情報 | Comments(0)
写真集"Thus We Live Bit By BIt"が発売されました。
以下、EATER onlineより転載。
CD付です!
私は青森在住なので特にポートレイトというのはなくて、仙川でライブの折のリハーサル風景を撮ってもらいました。

私の手元にも若干あります。直接購入いただいた方には何かしらサービスしたいと思っているので、ご連絡くださいね☆

------------------------------------

c0147522_745621.jpg


写真集『Thus We Live Bit By BIt』発売!

昨年10月に開催されたイベント『CASE OF TELEGRAPH 2011』から生まれた企画、写真集『Thus We Live Bit By BIt』がついに完成。EP-4/521に合わせて発売となった。
『CASE OF TELEGRAPH 2011』に参加したミュージシャンを中心に、80年代から活躍を続ける彼等の「今」をリアルに捉えた写真集だ。
ある者は息の長い音楽活動を続け、ある者はまったく違う道を進みながらも、それぞれそが自分の人生を歩んできた。
そんな彼らのカッコいい年の取り方が、ここに並んだ写真から伝わってくるに違いない。

登場するのは本格的に動き出した佐藤薫をはじめとするEP-4のメンバー、80年代から一線で活動を続ける恒松正敏、ジュネ(AUTO-MOD)、NON、宙也、杉林恭雄(くじら)、久保田慎吾、アリスセイラー、シムコンカン。
10月のイベントで復活したサディ・サッズやニューバイルの面々、そしてタコとして甦った山崎春美。 


初回限定で、『CASE OF TELEGRAPH 2011』のライブを中心としたオムニバスCDが付いてくる。
また、6月には『CASE OF TELEGRAPH WEST 』に合わせて、ライブ会場である大阪CONPASSで半月間にわたって写真展が開催される。

http://oxox.co.jp/bbb/

●『Thus We Live Bit By BIt』

撮影:青木一成/企画・アートディレクション:内山園壬
発売:OX BOOKS
定価:2800円+税  

◆CAST
アリスセイラー、宙也、佐藤薫、鈴木創士、BANANA UG 、ユンツボタジ、ジュネ、久保田慎吾、ノン、SAD、KAZUMI、KAN、五十嵐義秀、田波健、関根隆、TOMO、Shim-Con-Kang、杉林恭雄、恒松正敏、山崎春美、 地引雄一

◆SALE
5月21日(月)全国有名CDショップ/ネット通販書店他で発売開始!
アマゾンCO.JPを始めとするネット通販書店。またはタワーレコード、ディスクユニオンなどの音楽CDショップ。
さらにサブカルチャー系書店で取り扱い予定。

○初版限定ライブオムニバスCDが特典添付!(2011年10月高円寺HIGHで行われたライブを中心に11曲収録)
収録曲/コンクリーツ「ミアモ・ミアモ」/杉林恭雄「即興曲」/Nubile「TRANCEYE」/Sarasvati「dendrocacaglia」/Sadie Sads「Angola」/
アリスセイラー「たくさんのくだもの」/NON BAND「Ghetto」/久保田慎吾「母と子の絆」/EP-4 unit3「A Artaud(detail)」/恒松正敏「Pain in my her\art」/タコ「宇宙人の春」


◎写真展『Thus We Live Bit By BIt』
日程:6月16日(土)〜6月30日(土)
場所:CONPASS ( コンパス ) 〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-12-20 シキシマビル B1F
TEL:06-6243-1666 FAX:06-6243-1660 WEB:http://www.conpass.jp

この件に関するお問い合わせ先
発行所 オックス・ブックス
Tel:03-4500-6565 E-mail:bbb@oxox.co.jp
東京都渋谷区道玄坂1-20-2 2F

-----------------------------------------
[PR]
by nonband | 2012-05-25 07:45 | 音源情報 | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
はじめに
ライヴ情報
活動報告
音源情報
NONukesTなどの物販
ライヴ映像・音声
レヴュー記事
バンド経歴
インタビュー
NON BAND Q&A
SONGS
OLD PHOTOS
OTHERS
リンク集
管理人より
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のコメント
Iさま、お返事お送りいた..
by nonband at 19:31
うわぁ、びっくりです!!..
by nonband at 19:42
フリクションの1981年..
by bonitoflake at 12:11
うわぁ!こんな写真をいつ..
by nonband at 20:59
あ、これです。 h..
by bonitoflake at 23:01
新宿ロフトでのオフショッ..
by bonitoflake at 22:54
Kさま、先日メールしまし..
by nonband at 20:39
Kさま コメントありが..
by nonband at 19:40
1月にいろいろご注文くだ..
by nonband at 11:46
iさま そうでした..
by nonband at 08:44
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO&#39;S RE..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧