カテゴリ:バンド経歴( 1 )
NON(NON BAND)−80年代から「ie」まで−
80年代初頭のパンク・ニューウェーブ・シーンに躍り出た女性ロッカー達の、先頭に立って突き進んだNON BAND。短い活動期間だったが、そのオリジナリティと躍動感にあふれるサウンドとステージは、忘れられない印象をシーンに残した。

そのNON BANDのノン(保坂則子)は現在、故郷の弘前に住み、地元での音楽活動を着実に続けている。2000年には17年ぶりにオリジナルメンバーによるNON BANDのライブを東京で行い、さらに2002年秋には全曲新曲による初のソロアルバムをリリース。現在進行形のノンの豊かな歌の世界を伝えている。

■■■■■■■■■■■■
 NON BAND in 80's
■■■■■■■■■■■■
東京ロッカーズの時代の1979年、ノンはベーシストとして、後のオートモッドのジュネとともに「マリア023 」を結成。ドラマーとしてテイユウ(後のじゃがたら)も加入し、サイケデリックでグラムなロックで異彩を放った。たが、ジュネとの強烈な個性のぶつかり合いから、ノンは脱退。マリア023 はその後、OTO (後のじゃがたら)等が参加し、ゴジラレコードからシングル盤をリリースした。ノン在籍時の音源は、ゴジラレコードのオムニバス・アルバム「CRACK!」(徳間ジャパン)に収録されている。

79年夏の新宿ロフトでの伝説的イベント「DRIVE TO 80's」に、ノンは飛び入りで参加。ベースの弾き語りで数曲歌い、強烈な印象を残した。

その秋にはドラムのケイコとともにNON BANDを結成。女のパワーを炸裂させたステージで注目を集めた。その後、ギターが加入するなどメンバーチェンジを繰り返し、その間にオムニバス「都市通信」に参加、またソノシート「NON BAND'in LIVE」をリリースしている。

81年にバイオリンの山岸騏之介、ドラムの玉垣満とのトリオとなり、バンドとしての形が固まってからは、その個性豊かな音楽性と、ノンの自由でのびやかなステージングで、シーンを代表するバンドのひとつとして、高い評価を得ることになる。

1982年にテレグラフ・レコードから25センチのミニ・アルバムをリリース。インディーズのベストセラーとなった。リリース後のツアーでは、クミ(ボーイズ・ボーイズ/モンスター・ビーチ・パーティ)とミツワ(S-KEN /東京ブラボー)の二人が参加。女三人が並ぶフロントのパワーは圧倒的で、一段とスケールアップしたステージが展開された。夏のツアーでは大坂城野音のイベントで、P-MODEL 、町田町蔵等と共演。知名度では劣るNON BANDがトリに登場したため最初は戸惑っていた観客も、次第にそのエネルギーに動かされ、最後は熱狂的な盛り上がりをみせたのだった。

実力とともに人気も上昇し、これからの活躍が期待された矢先、そのツアーを最後に玉垣満と山岸騏之介が相次いで脱退。メンバー間のコミュニケーション不足が原因と思われるが、新メンバーの参加もなくバンドはそのまま自然消滅してしまう。NON BANDの絶好調期での活動停止は、東京の初期インディーズ・シーンの最も大きな損失だったといっていいだろう。

■■■■■■■■
 NON in 弘前
■■■■■■■■
NON BAND以降、ノンはソロでのライブ、モギエミコ、森イクエとの「福娘」のセッション・レコーディグ、NAM への参加など、断続的に音楽活動を続けていたが、95年に故郷の弘前に帰り、実家の仕事を引き継ぐことに。家業の画材屋の仕事と、二人の子供の世話に忙殺される中、再びベースを持っての弾き語りを、地元のライブハウスや反原発のイベントなどで行うようになる。

99年5月には、灰野敬二と吉田達也を呼び、初めて地元のライブ・ハウスでライブイベントを開催。ノン自身もベースの弾き語りで参加し、灰野、吉田とのセッションも行った。世界のオルタナティブ・シーンの第一線で活躍する二人を相手に、一歩も引かずに自分の世界を表現したノンは、新たな音楽的可能性を示したのだった。

このイベントを機に、ノンは音楽活動を本格的に再開。翌2000年1月には、東京で山岸騏之介、玉垣満とともに17年ぶりとなるNON BANDのライブを行った。翌日には、灰野、吉田とのセッションも再び行い、さらにその音楽世界を深化させた。その年の夏には、ルインズ、キキオンを呼んで弘前で再びライブイベントを開催。その後は、地元のミュージシャンとユニットを組んで定期的にライブを行っており、新しい曲も増えている。

そして2002年1月、NON BANDのメンバーや吉田達也の参加を得て、NON BAND以降の曲を収めた、初のソロアルバムを完成させた。今生きているこの日々を大切にしつつ、ほんとうの豊かさを求めて歌われた彼女の歌は、心の深いところにまで、時に力強く時に静かに、伝わってくる。

(テレグラフ・ファクトリー 地引雄一)

■■■■■■■■■■■■

(次回更新予定日 11/21)
[PR]
by nonband | 2007-11-19 19:29 | バンド経歴 | Comments(0)



このブログを立ち上げてくれた元祖管理人及び副管理人が多忙のため、最近はNON本人がしこしこ記事をアップしとります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
はじめに
ライヴ情報
活動報告
音源情報
NONukesTなどの物販
ライヴ映像・音声
レヴュー記事
バンド経歴
インタビュー
NON BAND Q&A
SONGS
OLD PHOTOS
OTHERS
リンク集
管理人より
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
最新のコメント
ありがとうございます!!..
by 爆睡ベイビー at 23:08
BBさま、定形外の方が安..
by nonband at 17:41
BBさま、了解しました☆..
by nonband at 07:44
BBさま、ご注文あり..
by nonband at 12:49
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
メールありがとうございま..
by 渡辺学 at 11:18
> Wさま お返事遅く..
by nonband at 19:50
Kさま ありがとうござ..
by nonband at 06:35
Iさま、お返事お送りいた..
by nonband at 19:31
うわぁ、びっくりです!!..
by nonband at 19:42
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NONさんの歌詞集だよ!
from SLUDGE 的 な
NONさんの記憶ふたたび
from MABO'S RE..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧